黒酢は疲労回復と肥満を改善し生活習慣病にも効果!サプリで簡単に摂取しよう!

黒酢は、沖縄と鹿児島地方でつかられている米屋大麦を原料とする黒色の酢で、およそ1年〜3年かけて長く熟成させることで、麹菌や乳酸菌の作用が進み、旨みや香りが強くなり、アミノ酸の含有量が増え、琥珀食になるといいます。

黒酢の定義として、2003年に「原料として米または米に小麦もしくは大麦を加えたもののみをしようし、酢1ℓにつき180g以上の原料をしようし、かつ、発酵・熟成によって自然に褐色または黒褐色になったもの」と農林水産省が発表し、決められています。

この黒酢は長く熟成させることで独自の旨みや香り、色が生まれます。

乳酸菌革命

黒酢の効果・効能・メリット

酢は一般的に殺菌効果や食欲を増進させる作用を持ち、ビタミンCを破壊する酵素を抑えるなどの効果があることで知られています。

黒酢の色素には、有機酸やビタミンCなどの水溶性ビタミン、ミネラル、必須アミノ酸などの有効成分が多く含まれます。
さらに、黒酢には、人の体では合成できない必須アミノ酸が含まれており、体の代謝をコントロールする作用や神経を安定させる働きが期待できます。

また、コレステロールや中性脂肪、血糖値を調整する働きもあります。

黒酢に含まれるアミノ酸は、美肌を作ることでも知られています。
例えば、システインはメラニン色素の沈着を防ぐことから、シミを予防するこちが考えられます。

トリプトファンやチロシンはは成長ホルモンの分泌を促すことから、アンチエイジングに貢献します。
また、天然保湿因子の主成分となるセリンや抗酸化作用のあるクエン酸、保湿作用、抗酸化作用があるグリシンなどが肌に働きかけて、美しいさを保つことが考えられます。

黒酢を摂取する際の注意点

酢は一般的に刺激が強く、胃の粘膜を傷つけることがあるため、空腹時よりも食事の後に取った方が良いでしょう。

サプリメントを摂取した際に、薬剤性肝障害や中毒症状、皮膚病を発症した事例が報告されています。
しかし、食品としての通常の量を摂取するこちには問題ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です