【ペプチド】生活習慣病予防に効果のあるアミノ酸系化合物

ペプチドとはアミノ酸が数個(2つ以上)つながった構造を持っているアミノ酸と、タンパク質の中間の性質を持っている成分です。

ペプチドは、そのもととなるタンパク質によって働きが異なります。
そして、由来する食品に基づく名前が付けられています。

たとえば、よく耳にする「大豆ペプチド」というものがあります。
その他にも以下のようなものがあります。

  • イワシペプチド
  • かつお節オリゴペプチド
  • 魚肉ペプチド
  • カゼインホスホペプチド(牛乳由来)
  • ホエイペプチド(牛乳由来)
  • コラーゲンペプチド

ペプチドは植物由来で豊富な機能があります。

乳酸菌革命

ペプチドの効果・効能・メリット

ペプチドは生活習慣病予防に効果があるとされています。
畑の肉とも呼ばれている、大豆由来の大豆ペプチドは、アミノ酸が各種類ごとにバランスよく含まれており、体を健康かつ丈夫にし、運度などで傷ついた筋肉を修復する効果があります。

魚由来のイワシペプチドは、必須アミノ酸が豊富に含まれているところが特徴です。
そのため、血圧を安定させる働きも期待されています。

魚肉ペプチドには、老化防止(アンチエイジング)の効果があるとされています。
継続的に摂取することで生体内での抗酸化作用を助け、参加ストレスを軽減すると考えられています。

また、牛乳由来のカゼインホスホペプチドは牛乳が酵素分解されて作られるペプチドです。
腸内でのミネラルの吸収の補助成分としてきのうし、分岐鎖アミノ酸と必須アミノ酸を多く含んでいるのが特徴で、筋肉の増強に効果があります。

牛乳からカゼインや脂肪を除去した上澄みの液体部分であるホエイと呼ばれるところに含まれるたんぱく質です。
牛乳からチーズを作る際、工程の途中でチーズとして固まるタンパク質の約80%がカゼインで、残ったしぼり汁であるホエイに含まれる約20%がホエイタンパク質とよばれます。

そして、コラーゲンペプチドは、コラーゲンんを小さく分解し、体内に吸収しやすく加工した高純度たんぱく質です。
溶解性が高いので、冷やしても固まりにくいという特徴から、飲料やスープなどの健康食品に含まれることが多いです。

ペプチドを含む食品

ペプチドを多く含む食品は以下となります。

  • 大豆(納豆、しょうゆ、みそ)
  • イワシ
  • アジ
  • サバ
  • サンマ

ペプチドを摂取する際の注意点

ペプチドは必ず摂取量を守ってください。
とくに妊産婦(妊娠中の女性、産後1年を経過しない女性)は要注意です。

ペプチドのそれぞれの成分を使用した特定保健用食品では個別に製品ごとの安全性が確認されていますが、必ず、適切な摂取量を守ることと、妊娠中、授乳中の大量摂取を避けるようにしましょう。
母体、胎児、または乳幼児に悪影響を及ぼす可能性もあります。

摂取の際は医師に相談することを忘れないようにしましょう。

気になる高めの血圧に、理研ビタミン わかめペプチド粒タイプ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です