ビルベリーは眼精疲労とドライアイを予防し動脈硬化にも効果的!

ビルベリーはコケモモ属ツツジ科の植物で、北欧に自生する野生種です。

小さい釣り鐘形のピンク・グリーンの花が春に咲き、熟すとブルーブラックの甘い果実がなります。
果肉はとても柔らかく、ジャムやジュースに加工されます。

また、めの健康に良いとされるビルベリーのアントシアニンの含有量は、ブルベリーの約5倍と言われており、特に、北欧産はアントシアニンの含有量が最も高いとされています。

ビルベリーの果実は、内部まで色素が詰まっていて、これが太陽の光を受けてアントシアニンを作ります。
北欧ではビルベリーの収穫期の夏になると、一晩中太陽が沈まない「白夜」になります。
ビルベリーの果実は太陽の光を朝から一二一中途切れることなく受けて育ちます。

果実には他にもオリゴメリック・プロシアニジンを含み、葉にはグルコキニン類、ポリフェノール、タンニン、フラボノイド、クロムなどを含みます。

乳酸菌革命

ビルベリーの効果・効能・メリット

目の網膜で光を感じるために必要な物質がロドプシンです。
ロドプシンは体内で合成されますが、目を使っているうちに分解されます。
さらに加齢や栄養不足で、合成能力が低下します。

ビルベリーの中に含まれるアントシアニンにはこのロドプシンの再合成を活性化する働きがあります。
これによって、目の疲れが取れて視野が広がるという作用があります。

また、ビルベリーのアントシアニンには、目の健康意外にも毛細血管を保護して動脈硬化を防ぐ作用などもあるとされています。
臨床試験においても、糖尿病や、高血圧性網膜症などによる網膜の病変の改善などに対し有効性が確認されています。

ビルベリーには亜鉛とマンガンが豊富に含まれ手織り、亜鉛は生きるために不可欠な酵素の材料になり、マンガンは生殖機能に関わるミネラルとして不可欠です。

ビルベリーを摂取する際の注意点

ビルベリーはルテイン、イチョウの葉、ビタミンAビタミンCなどと一緒にとると効果的です。

また、大量摂取は、ブルベリー同様胃が委縮し、胃痛を生じる効果がありますので注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です