AGA・薄毛・抜け毛対策のためのブログ!潤いのある髪を1ミリでも伸ばすために栄養素を補給中!

育毛発毛生活

lola56 / Pixabay

育毛

青魚に含まれるDHAの育毛効果と効率の良い摂取方法

投稿日:

DHAは体に流れる血流をサラサラにし、髪の毛に必要な栄養素を行き届けやすくし、頭皮環境を改善してくれます。
頭皮環境が整うことで髪の毛にもしっかりと栄養が行き届くようになり、元気に成長してくれます。

また、DHAはEPAとともに魚油に多い不飽和脂肪酸でもあり、脂質異常症を改善し、生活習慣病を予防する効果があります。
また、中枢神経への作用や抗アレルギー・抗炎症作業もある人間の体にとても良い成分なんです。

今回はDHAの効果とメカニズム、そして摂取方法について紹介します。



青魚に多く含まれるDHAの育毛効果!その効果と作用、摂取方法について

DHAはEPAとともに魚油に多く含まれる不飽和脂肪酸の1つであり、脂質異常症を改善し、生活習慣病を予防してくれる作用があります。
また、抗ストレス作用、抗アレルギー・抗炎症作用があり、さらに未熟児に置ける視力の発達促進などが注目されています。

オメガ3系必須脂肪酸のうちEPAは主に血管の健康維持に働く栄養素であり、DHAは主に脳の健康に重要な働きをする栄養素となります。

DHAの期待される育毛効果

DHAは脂質異常を改善し生活習慣病を予防します。
このことにより、日頃の生活習慣が乱れている方などに対しての生活習慣病の予防効果があり体の健康を維持するために重要な役割を持ちます。
これは日頃規則正しい生活さえして、食生活を改善するだけで良いので、できる限り青魚に含まれるDHAを摂取することで血液をサラサラにして、頭皮の血行をよくする作用が期待できます。

さらに抗アレルギー・抗炎症作用があり、頭皮環境で荒れた頭皮や赤みがあり炎症している頭皮環境の改善をしてくれる効果があります。
頭皮環境が良くないと育毛も正常にすることができません。
DHAには炎症を抑え、頭皮環境を改善してくれる効果があります。

DHAの育毛に関するメカニズム

DHAはオメガ3脂肪酸に分類される多価不飽和脂肪酸です。
人の体内ではDHAの合成はほとんどできないため、体内のDHA量は魚油の摂取量を反映します。
このDHAは生活習慣病などに影響があると考えられています。

DHAは人の体内では、中枢神経、網膜、心臓、母乳中などに多く含まれています。

DHAはストレスの軽減にも効果がある

薄毛や抜け毛はストレスにも関係してきます。
ストレスの多い方は、薄毛や抜け毛が増えるかたもいます。

DHAを摂取するとストレスが抑えられるというデータもあります。
つまり、キレる子供や若年者に夜精神面の安定、抗ストレス効果が期待でき、育毛においても間接的ですが、効果があると言えます。

DHAの摂取方法

日本人に置けるDHAの1日あたりの摂取量は、18歳以上は1g/日以上摂取することが望ましいとされています。
1日あたり1〜2g程度の摂取で効果が期待できますが、日本人の平均的な食生活では、その半分ほどしかとれていないとされています。

なのでサプリメントで補うことも効果があるとされています。
また、継続することにより効果が出てきます。

なお、DHAはイワシやサバなどの青魚に多く存在し、マグロの眼球近くの脂肪組織にも豊富に含まれています。

DHAを摂取する際の注意事項

DHAは通常の食材に由来する成分であり、問題となる健康被害や副作用は知られていません。
また、他のサプリメントや医薬品との相互作用は報告されてなく併用することも問題ないですが、現在薬を飲んでいる方は必ず医師に相談しましょう!

まとめ

DHAの育毛効果は血液をサラサラにし血流をスムーズにし、髪の毛に栄養を運びやすくすること。
抗ストレス作用、抗アレルギー・抗炎症作用があり、薄毛や抜け毛の原因となるストレスの軽減、頭皮環境の赤みなどの炎症を抑え頭皮環境を整える効果も期待できます。

ぜひ、育毛をされている方はDHAを日々の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

DHAの育毛に関する効果の詳細は以下の記事を参考にしてください。

それでは!



-育毛

Copyright© 育毛発毛生活 , 2019 All Rights Reserved.