根野菜や植物根の「クララ」から「5αリダクターゼ」阻害作用が!AGAや薄毛の改善に!

根野菜の育毛発毛効果!5αリダクターゼを抑制




現在、薄毛に悩んでいる方に一報です。
ニンジンやゴボウなどの根野菜、植物根には、AGAや薄毛の原因となる男性ホルモンに関わる物質である5αリダクターゼの働きを抑制する働きがあることが確認されたいます。

今回、発毛クリニックとして有名な「リーブ21」で脱毛改善の研究結果として、この植物根の5αリダクターゼに対する作用を発表しましたので詳細をいかにて紹介します。

根野菜や植物根の抽出物がAGAや薄毛の原因となる5αリダクターゼを抑制することが確認される!

株式会社毛髪クリニック リーブ21は脱毛症改善の研究結果として、2019年3月20日〜23日に千葉県で開催された「日本薬学会 第139年会」において、AGAや薄毛の原因となる5αリダクターゼを抑制する研究において、「植物根抽出物の5αリダクターゼ阻害作用の評価」を発表しました。

この5αリダクターゼを抑制するとして、こん野菜や、植物根が抑制作用があるとされており、今後の研究に大きく発展する結果となっています。

根野菜や植物根の育毛・発毛作用

植物根は植物の期間の一つであり、通常の働きとして、地中や水中に根が伸び、水谷栄養を吸収し、植物の健康を保ちます。
さらに薬理作用が高く、生薬や漢方などに用いられる植物根もあります。

リーブ21での研究において、幹や葉、花や果実に栄養を届ける「植物根」に注目し、その効果を研究しました。

どのような植物こんが5αリダクターゼの働きを抑制したのか

今回、5αリダクターゼの阻害試験を実施した植物は以下の9種類となります。

  • トウキ
  • マグワ
  • シャクヤク
  • クララ
  • ゴボウ
  • ニンジン
  • オウゴン
  • アルテア
  • プエラリア

この中でもマメ亜科の多年草である「クララ」の根など、いくつかの植物根抽出物から5αリダクターゼ阻害作用が確認されました。

この5αリダクターゼ阻害試験は、抗男性ホルモン作用を評価する実験方法であり、今後はリーブ21では天然の成分の研究を続け、薄毛の改善をする製品作りに活かしていくとの事です。

まとめ

現在でも、AGAや薄毛を改善する完全な治療法は存在しません。
しかし、このような企業努力により、少しでもAGAや薄毛の構造を解析していき、育毛や発毛に役立つ研究を続けていくことは大切です。

今後も、多くの研究がされますが、少しづつAGAや薄毛の改善を目指して欲しいですね!

それでは!



根野菜の育毛発毛効果!5αリダクターゼを抑制

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

育毛発毛研究家のコバヤシです。 私の家族・親戚の男性はほぼ全てハゲている中で、私はハゲたくなく、これまで多くの育毛法・発毛法を試してきました。 また、育毛剤についてただ使うだけでは髪は生えてこないこと。 育毛サプリを使う際、何がその人に必要なのかを情報発信しています。 育毛に関しての論文や書籍を読み、ただいま40歳前ですが、しっかりと髪の毛がフサフサになっている私のこれまでの育毛発毛知識を薄毛やAGAで悩んでいる方に届けていきます!