オリーブは便秘を改善!さらに高血圧や糖尿病などの生活習慣病の予防と改善に効果!

オリーブは「オリーブオイル」の原料として誰でも知っている食材ですが、オリーブはモクセイ科の常緑中高木であるオリーブは、種類が豊富で500種類以上もあるといわれています。

オリーブの多くが自家受粉できず、結実性が低いため、2本以上を隣接して生えることがよいとされています。

国内の主な栽培地である小豆島では、ミッション、マンザニロ、ルッカ、ネバディロ・ブランコの4種類が多く栽培されています。

また、オイルの語源はオリーブからつけられたといわれています。
学名の「olea europaea」は「油質の」を意味するラテン語「oleosus」と「ヨーロッパの」を意味する「europaea」からきているといわれています。

乳酸菌革命

オリーブの効果・効能・メリット

オリーブにはオレイン酸やβ-カロテンポリフェノールビタミンEビタミンKなどが豊富に含まれています。
オイレン酸は不飽和脂肪酸ですが、一価なので参加しにくいといわれています。つまり、活性酸素と結びついて過酸化脂質になりにくいと考えられます。

これまでに、高血圧や糖尿病などの生活習慣病の予防や改善、LDL(悪玉)コレステロールの低下、乳化作用による便秘の改善、胃酸の分泌の抑制に関する臨床試験結果が報告されています。

また、人の皮脂にはオレイン酸が多く含まれていることから、肌荒れを改善するために用いられることもあります。
活性酸素を抑える働きにより、白髪などの肌トラブルにも有効とされています。

ビタミンEは主に抗酸化物質として働きます。
代謝によって生じたフリーラジカルから体を守り、末梢循環を促進するといわれています。

オレイン酸とともに生活習慣病や老化を予防する効果も期待されています。

オリーブを摂取する際の注意点

オリーブのみのポリフェノール含有量が多いほど渋みが強くなるので食べるためには渋抜きをしないと食べれないかもしれません。渋抜きは欠かせないですね。

一般的にはオイルや塩漬けにして食べますが、オイルは脂質であるため、食べ過ぎは肥満につながる可能性があります。
なので適量にためておくことがよいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です