ウコンは肝臓の機能を高め胃の調子を整える効果

ウコンは肝臓に用機器、鮮やかな黄色と独自の香りが特徴的です。

ウコンの主成分クルクミンは、ポリフェノールの一種で、胆汁の分泌促進や解毒作用によって肝機能を助ける働きがあります。

ウコンはアジア原産のショウガ科の多年草です。
カレーに使われる香辛料のターメリックで、原産地は東インド地方で、アジアやアフリカ、中南米の熱帯から亜熱帯に広く自生しており、世界中でも50種類ほどが知られています。

春ウコン、秋ウコン、紫ウコンの3種類があり、クルクミンの含有量が多いのは秋ウコンです。
しかも、乾燥品の方がクルクミンの含有率は高いですが、生ウコンをする下ろした汁を引用しても効果があり、サプリメントとしては粉末や粒、ドリンクなどが市販で販売されています。

苦味が強いですが、発酵させると苦味が和らぐと同時に抗酸化力も高まります。

乳酸菌革命

ウコンの効果・効能・メリット

ウコンは肝臓機能を高め、胃の調子を整える効果があります。

肝臓の機能が低下するとアルコールの分解能力が低下し、胆汁の分泌も減少することで肝臓に負担がかかり肝機能をさらに低下させるという悪循環を繰り返しますが、ウコンの成分であるクルクミンは肝臓の解毒作用を強める作用と胆汁の分泌促進の両方に貢献します。

胆汁は脂質の消化吸収に重要な役割を持つ胆汁酸が主成分ですが、胆汁酸を作り出すにはコレステロールが必要です。
なので、胆汁分泌が活発になればコレステロールも消費され、体内コレステロールが減る効果も期待されます。

ウコンは胃の働きを活発にし、食欲を増進するとの報告があります。
消化不良患者対象の比較試験でもウコン摂取により症状改善結果が出ています。

また、胃液分泌を高め、胃粘膜保護の働きもあります。

クルクミンの抗がん作用に関しては、皮膚ガン、大腸ガン、肺ガン、前立腺ガンに対する抑制効果が期待されています。
クルクミンの構成成分である「クルクミノイド」には、血糖降下作用、炎症抑制作用があることが確認されています。

ウコンを摂取する際の注意点

胆道閉鎖症の人はウコンを摂取してはいけません。

肝機能障害の人には、ウコンの大量摂取は危険です。
ウコンには鉄分が多く、C型慢性肝炎や非アルコール性脂肪性肝炎の患者の症状が悪化する可能性が高いと言われています。

このような方でウコンを摂取しようとしている方は、医師に必ず相談してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です