プルーンは食物繊維が豊富で便秘に効果的!健康と美容の万能果実

プルーンはよく耳にはするのですが、実際に食べたことがある方はそれほど多くはないのではないでしょうか。
スーパーなどではほとんど売られていませんし、あったとしても乾燥したドライフルーツとしてみることの方が多いと思います。

このプルーンですが、生産地第1位はアメリカのカリフォルニア州で、日本でも比較的に雨季が少ない長野や青森、北海道で生産されています。
また、プルーンはバラ科の果樹で、西洋すもも(プラム)を乾燥させたものを言います。

プルーンは生とドライフルーツがありますが、栄養価は乾燥させたドライフルーツの方が高い栄養素をもっており、生のプルーンの5倍以上の食物繊維や鉄分を含んでいます。
生でもほかのフルーツに比べると豊富な栄養を含んでいます。


初回780円!雑誌、SNSで話題沸騰中のすごくおいしいフルーツ青汁 GOKURICH


スポンサーリンク

プルーンの効果・効能・メリット

プルーンの栄養素として、ビタミンミネラル食物繊維が豊富なところが特徴です。

食物繊維は水に溶けない不溶性食物繊維と、水に溶ける水溶性食物繊維の両方が含まれています。
不溶性食物繊維は便秘の改善などの整腸作用があり、さらに、がんの予防にも役立つといわれています。

水溶性食物繊維は、体に不要な体内に蓄積された不要なものを体外に排泄働きがあります。
また、水溶性食物繊維は血中コレステロールと血糖値のコントロールに役立つといわれています。

ビタミン類もビタミンAビタミンCビタミンEビタミンB群と多く含まれており、目の健康や肌の潤い(美肌効果)を保つことに役立っています。

さらにプルーンはポリフェノールが豊富で、プルーンに多く含まれるネオクロロゲン酸は、抗酸化作用が高いと期待されています。
これはアメリカの農務省が、活性酸素を吸収する力を約50種類の野菜、果物、豆類で調べた際、プルーンが最も高かったという報告も上がっています。

また、プルーンには女性の骨形成に作用し、骨粗しょう症を予防する働きがあることが、アメリカの研究で報告されています。

プルーンの多くはスーパーなどで乾燥させたドライフルーツとエキスを抽出して濃縮したプルーンエキスがありますが、エキスに生成するとビタミンAや食物繊維が失われます。
便秘改善などでプルーンを摂取する際はドライフルーツで摂取することをおすすめします。

プルーンエキスで摂取する際は水分を多めにとることを心がけましょう。

プルーンを摂取する際の注意点

プルーンは摂取しすぎると下痢になる可能性があります。
摂取量の目安はエキスの場合だと1日30~50gを毎日続けることが大切です。

しかし、プルーンはカリウムの含有量が多いので、腎臓疾患がある方は医師に相談するようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です