生姜(しょうが)は血行促進で冷え性に効果!しかも腸内環境を改善!

生姜はお菓子から薬味や魚などの生臭さを消したり、風味づけなどの料理まで様々なところで利用される馴染み深い食材です。
ほんとどこにでも生姜はあります。例えばみじかな飲み物でジンジャエールなど。日頃口にしていることは多いですよね。

生姜は食用としての利用範囲が広いだけでなく、古くから薬としての効果が極めて高いことも知られています。
西洋では吐き気がしたらジンジャエールを飲みなさいと言われるほど生姜には優れた殺菌作用や胃の不調を整える働きがあります。

まさに食べる薬であり、刺身や寿司に添えたり、ビタ肉の生姜焼きなどに使われみじかな食材となっています。
このほかにも生姜は多くの効果を持っているので紹介します。


初回780円!雑誌、SNSで話題沸騰中のすごくおいしいフルーツ青汁 GOKURICH


スポンサーリンク

生姜(しょうが)の効果・効能・メリット

生姜の使用の用途として、消化不良、鼓腸(腸内にガスが充満して腹部が膨れる症状)、嘔吐、下痢、胃痙攣、そのほかの胃の障害、食欲増進です。

健康な人の空腹時および食後の消化管運動に対する試験をした際、生姜の摂取で消化管運動が活発化したとの報告があります。
生姜の有効成分で代表的な成分は辛みの素であるジンゲロンとショウガオールです。

これには胃酸の分泌を促進して食欲を増進させる効果があります。
これは摂食中枢が鈍感になっている拒食症の人に効果があるとともに、胃の健康、下痢体質の人に改善効果があります。

また、血液循環を促進し、体を温めるので、冷え性や肩こりの症状にも効果的です。
そのほかにも、偏頭痛や乗り物酔い、つわりの症状に関して改善効果が確認されています。

体を温める効果は、生姜を煮ると高まると言われています。
これはショウガオールが加熱によって増えたことで、体温を上昇させる作用が働くためです。

実際に蒸した生姜は古くから生のまま乾燥させたものより体温が暖かくなると言われています。
生姜は外用薬として用いられることも多いですが、生姜をすりおろしオリーブオイルに混ぜたものを頭皮に擦り込むとフケが解消することができます。

生姜(しょうが)を摂取する際の注意点

生姜は辛み成分もあり、刺激が強い食材なので、痔や潰瘍などの出血性の疾患がある人や皮膚とトラブル(はっしん、ほっしん)、吹き出物がある人が食べ過ぎると症状が悪化する可能性があるので、生姜を摂取する量は十分に気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です