はと麦は整腸作用と食欲増進!美肌になるうれしい効果

はと麦は昔から使用されている素材で、新陳代謝を高め、毒素を排出する効果があります。
また、豊富な成分を含むため漢方の素材としても有名です。

紀元前1500年ごろ、インドでははと麦の栽培がおこなわれてと言われており、ちゅうごくでもはと麦の種子をヨクイニンと呼び、漢方素材として昔から使われていました。

日本では江戸時代に伝えられ、病気や産後の体力回復にはと麦を処方したとされています。
はと麦は薬用植物として、利尿作用、脾臓、胃を強くする、食用く増進、のどの痛みなど、様々な症状に効果があると言われています。

はと麦は、豊富な成分を含み、精米に比べて2倍以上のタンパク質や、8倍もの食物繊維などを含みます。


初回780円!雑誌、SNSで話題沸騰中のすごくおいしいフルーツ青汁 GOKURICH


スポンサーリンク

はと麦の効果・効能・メリット

はと麦は胃腸の調子を整え、胃もたれや食欲不振を抑える効果があります。
薬膳料理では代謝を高めて毒素を排出する素材としても利用されています。

はと麦は余分な水分や弁の排出を促進し、毒素を排出するデトックス効果があります。

また、美肌の維持や利用作用の効果が期待され、化粧品やお茶などに利用されています。
はと麦は良質なアミノ酸を多く含み、新陳代謝を活発にする働きを持ちます。新陳代謝は細胞の生まれ変わりのことで、はと麦は肌の古い角質を取り除き、新しい肌細胞を生み出すため美肌に効果的です。

また、体内の老廃物を排出する効果を持つため、日焼け、ニキビ、しみ、そばかすを抑制し、内側からの改善に働きかけます。

はと麦の趣旨であるヨクイニンは解熱に使う時は生で用いられ、下痢止めには言ったものが用いられます。
さらにリウマチや神経痛などの鎮痛にも用いられます。

はと麦を摂取する際の注意点

はと麦の摂取量は一日あたり15g〜30gを目安に煎じたものを、一日3回に分けて飲むと良いと言われています。
しかし、はと麦は子宮を収縮する効果があるため、妊娠中、授乳中の摂取は避けたほうが良いとされています。

同じ種類の植物であるジュズダマは、生薬のヨクイニンとして混同されていますが、主要成分が異なるので、注意する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です