世の中のお薬やサプリメントのなんかちゃこれ???ってやつ調べます。

なんかちゃサプリ

サプリメント

【ビタミンB2】の効果・効能!ニキビなどの肌トラブル、口内炎、子供の成長障害をサポート

投稿日:

エネルギー代謝に必要ばビタミンB2は皮膚や粘膜の健康維持に働きます。
このビタミンB2ですが、牛乳から発見されてたビタミンで、牛乳などの乳製品や動物性の食品に多く含まれています。

食物性食品では特に納豆に多く含まれ、緑黄色野菜やキノコ類にも含まれます。
動物性食品では豚肉です。特に豚レバーに多く含まれます。

ビタミンB2は糖質・脂質・たんぱく質の代謝にかかわっているのでダイエットを目指す方はビタミンB2の摂取は効果的かもしれません。
また、皮膚や粘膜の健康を維持しますので、成長に対して効果のある「発育のビタミン」と呼ばれています。

食生活が偏り、皮膚や粘膜にトラブルが起きたときはビタミンB2不足の可能性が考えられます。
食べないダイエットは避けて栄養をしっかりと取りながらダイエットをしていくことが大事ですね!

ビタミンB2の効果・効能・メリット

上記でも説明しましたが、ビタミンB2は糖質・脂質・タンパク質は体内でエネルギーに変換されます。
そして、ビタミンB2は補酵素としてかかわり、特に脂質代謝において重要な役割を果たします。

また、細胞の新陳代謝を助ける働きがあり、体の成長を促進し、皮膚や髪、爪の健康維持にも欠かせないビタミンです。
更に、ビタミンB2はグルタチオン・ペルオキシダーゼという酵素とともに働き、老化やガンの原因となる過酸化脂質を分解する働きもあります。

過酸化脂質の生成自体を抑えてくれるビタミンEと一緒に取ると、抗酸化作業がアップし健康的な体を目指す方の助けとなってくれます。



【薬剤師さん限定】転職成功でボーナス最大20万円プレゼント中『ファゲット』


ビタミンB2を含む食品

ビタミンB2を多く含む食材は以下となります。

  • 豚レバー
  • 牛レバー
  • 鶏レバー
  • うなぎの蒲焼き
  • 塩さば
  • かれい
  • 牛乳
  • 納豆

ビタミンB2を摂取する際の注意点

ビタミンB2が不足すると皮膚や粘膜のトラブルは発生しやすくなります。
若い方によくあるニキビなどの肌荒れ、舌炎や口内炎、胃や肛門などの粘膜のただれ、結膜炎などの目の充血と様々な体の箇所に症状が現れます。

子供の場合は成長障害がおこることもあると言われています。
また、脂肪の多い食事をしたり、激しい運動、お酒を多く飲む人、体力を使う仕事をする人はビタミンB2の摂取量が多く必要となるためしっかりと補給したほうがよいです。

更に多量の抗生物質や精神安定剤、副腎皮質ホルモン剤、経口避妊薬などを長期間服用するとビタミンB2の働きが阻害され、欠乏症を引き起こす可能性があります。

ビタミンB2は不足すると体への影響が表れやすいビタミンですが、多く摂取しても余った分は量として排泄されるため過剰症になる心配はないです。
特にニキビなどで困っている方はビタミンB2を摂取してはいかがでしょうか。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-サプリメント

Copyright© なんかちゃサプリ , 2017 All Rights Reserved.