【ビタミンB6】妊娠中のつわり、PMS、貧血、肌荒れに効果あり!

ビタミンB6は皮膚炎を予防することから発見された水溶性のビタミンで、動物性食品に多く含まれています。

食事から取り入れたタンパク質やアミノ酸の代謝に関わり、健康的な皮膚や髪を作ります。
そのほかに神経伝達物質の生成や免疫機能の維持、肝臓に脂肪がたまるのを防ぐ働きをしてくれ、多彩な動きをしてくれます。

ビタミンB6はタンパク質の再合成に必要な栄養素であり、腸内細菌からも生成されます。


初回780円!雑誌、SNSで話題沸騰中のすごくおいしいフルーツ青汁 GOKURICH


スポンサーリンク

ビタミンB6の効果・効能・メリット

食事から取り入れたタンパク質は一旦、アミノ酸に分解され、その後、人間の体が必要とするタンパク質に合成されます。

この時の補酵素として働くのが「ビタミンB6」です。
このビタミンB6を十分に摂取しておくことでタンパク質の再合成がスムーズに働き、健康な皮膚や髪や歯などを維持することができます。

ビタミンB6はセロトニン、ドーパミン、アドレナリン、γ-アミノ酪酸などの神経伝達物質の生成にも補酵素として関与し、神経系を正常に保つためには欠かせないビタミンです。

また、ビタミンB6は女性特有の不快な症状を改善してくれます。
妊娠中のつわりはアミノ酸の一種であるトリプトファンの代謝がうまくいかないことが原因となっていますが、ビタミンB6を補給することでそのような症状が軽減できます。

さらに月経前のイライラや腰痛といった不快な症状な症状を引き起こす月経前症候群(PMS)は、女性ホルモンのアンバランスによって起こります。
ビタミンB6はホルモンバランスを整えてこのような不快な症状を軽減するビタミンとして期待されています。

ビタミンB6を含む食品

ビタミンB6を多く含む食品は以下となります。

  • にんにく
  • カブの漬物
  • マグロ
  • カツオ
  • アジ
  • イワシ
  • 鶏肉
  • バナナ

ビタミンB6を摂取する際の注意点

ビタミンB6は女性にとって効果があるビタミンであり、腸内細菌からも作られるため、欠乏症は起こりにくいと言われています。

しかし、抗生物質を長期間服用することで腸内細菌のバランスが崩れるため、ビタミンB6を合成する働きが低下し、欠乏症になりやすいことがわかっています。
また、タンパク質を多く取る人はビタミンB6を摂取しなければいけない量が増えるので意識するといいかもしれません。

ビタミンB6の主な欠乏症には神経系の異常や貧血、ニキビ、吹き出物などがあります。

また、注意しなければいけないことはサプリメントを大量に摂取すると感覚神経障害などの過剰症を引き起こす可能性があるので気をつけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です