【EPA】血液をサラサラにし、ダイエット効果も期待できる不飽和脂肪酸

EPAは青魚などに含まれる必須脂肪酸です。
必須脂肪酸は、不和脂肪酸はイワシやサンマなどの青魚に豊富に含まれています。

イヌイットは昔から魚やアザラシを常日頃から食していました。脂肪摂取量が多いにもかかわらず、イヌイットは血栓症や心疾患が非常に少ないことからEPAが注目され始めました。
このEPAは体内では合成することができないのが特徴です。

EPAは血栓を防止する成分を含んでいますので、生活習慣病の予防や改善に効果があるとされています。
このことから、EPAとDHAを成分として含む特定保健用食品も作られています。


初回780円!雑誌、SNSで話題沸騰中のすごくおいしいフルーツ青汁 GOKURICH


スポンサーリンク

EPAの効果・効能・メリット

EPAは上記のように血栓症などの循環器疾患予防のほかにも肥満防止、免疫力向上にも効果があるといわれています。

魚の消費量の多寡(たか)で健康な成人の血小板凝集能を比較した日本の研究によると、魚の消費量が多い方が、血小板凝集能が低かったことから、EPAが血小板凝集能抑制や血液流動性の改善に効果があることがわかっています。

健康な成人を対象とした比較試験でも、加工製品であるこうEPA油を4週間摂取させたところ、血小板凝集能の低下がみられ、性別では男性で効果が見られたと報告されています。
18歳以上の高血圧薬を飲まない人によるDHAとEPAの摂取は、収縮期・拡張期血圧を低下させたという報告があります。

また、肥満、高血圧患者の体重を減少させたという研究結果もあるので、青魚を食べたり、EPAのサプリメントを摂取することでダイエット効果の可能性はあると考えられます。

さらに抗うつ治療の補助剤として、経口摂取による有効性が示されています。
標準的な抗うつ薬治療に加えてEPAを1g、1日2回接種したところ、2週間ほどで気分の落ち込み、無気力、不眠などのうつにみられる症状の改善が見られたという研究結果も報告されています。

L-アレルギンなどとの組み合わせによる摂取で手術などの治療後の回復の時間短縮や免疫機能の向上に効果があるといわれています。
EPAを摂取することでほかにも多くの事例はありますが、花粉症の改善、前立腺がんのリスク低下の効果もあります。

EPAを含む食品

EPAを多く含む食品は以下となります。

  • イワシ
  • マグロ
  • サバ
  • ブリ
  • サンマ

EPAを摂取する際の注意点

EPAは大量摂取で胃腸不調の原因になるので注意しましょう。
EPAを含む魚油の大量摂取の副作用として、げっぷ、吐き気、鼻血、軟便になる可能性があります。

食事と一緒に摂取することで、副作用を軽減することができるので、EPAを摂取する際はバランスの整った食事と一緒に摂取するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です