世の中のお薬やサプリメントのなんかちゃこれ???ってやつ調べます。

なんかちゃサプリ

https://nankacha.com

サプリメント

【ビタミンA(β-カロテン)】の効果・効能!目の健康、抗酸化作用、美白に役立つ!

更新日:

ビタミンAは皮膚や粘膜を健康に保ち、抗酸化作用をもつといわれています。

ビタミンAは別名「レチノール」と呼ばれ、野菜に多く含まれる「カロテン」は摂取すると体内でビタミンAに代わるプロビタミンです。

レチノールはレバーやウナギなどの動物生食品に含まれます。また、カロテンは緑黄色野菜などの植物性食品に含まれ、体内で必要に応じてビタミンAに変わります。
また、カロテンには「β-カロテン」、「a-カロテン」、「γ-カロテン」、クリプトキサンチンなどの種類があり、緑黄色野菜などに含まれるのは主に「β-カロテン」です。

ビタミンAの効果・効能・メリット

ビタミンAの主な効果は視力を正常に保ち、活性酸素を消去してくれます。
皮膚や粘膜には、病原菌・ウィルスなどの外敵からの侵入を防ぐ役割があります。

ビタミンAはその粘膜がある口腔、消化器官、肺の状態を正常に保ち、感染症の予防や体全体の免疫を高めることにも役立っています。

そして、ビタミンAは「ロドプシン」という物質の主な成分となります。
「ロドプシン」とは目が光を感じるのに必要な物質です。

さらにカロテンは活性酸素を除去する能力が高く、がんや老化を予防する抗酸化物質としても期待されています。
これに、ビタミンEやビタミンC(同じく抗酸化作用がある)と一緒に摂取すると相乗効果によって抗酸化作用がさらにアップします。



【薬剤師さん限定】転職成功でボーナス最大20万円プレゼント中『ファゲット』


ビタミンAを含む食品

ビタミンAを含む食材は多くありますが、レチノールかカロテンかを把握して摂取しましょう。

レチノール

  • レバー
  • アンコウ肝
  • ウナギ
  • アユ

カロテン

  • あまのり、ほしのり
  • まつも
  • 緑茶
  • パセリ
  • トウガラシ

ビタミンAを摂取する際の注意点

ビタミンAが不足すると粘膜や皮膚が弱くなり、感染症や皮膚炎にかかりやすくなります。
また、暗闇では目が見えにくくなり、これが続くと「夜盲症」になる可能性があります。

子供では成長障害を引き起こす原因にもなります。

妊娠中のビタミンAの過剰摂取は胎児の奇形につながるので危険

一番気にしなければいけないことは妊娠中にビタミンA(※特にレチノール)の過剰摂取をすると胎児の奇形につながる可能性があります。

また、ビタミンAを取りすぎることによって体内に蓄積し、頭痛、吐き気、発疹などのを引き起こします。

β-カロテンは体内で必要に応じてビタミンAにかwる為、過剰摂取の心配はありません。
β-カロテンの吸収率はそれほど高くはないのですが、油と一緒に取ると吸収率が高まりますので、野菜炒めなどがビタミンAを取るのに最適化もしれませんね。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-サプリメント

Copyright© なんかちゃサプリ , 2017 All Rights Reserved.