【ペクチン】腸内環境を改善し、大腸がんの予防効果もあり!

ペクチンは腸内の乳酸菌を育て、便通を助ける効果があります。
ペクチンは主に高等植物の細胞間に存在します。セルロースとともに細胞壁を形成しています。

果物の柑橘類、リンゴなどに多く含まれ、食品添加物として、加工食品の増粘安定剤、ゲル化剤などとして使用が認められている水溶性植物繊維です。
コレステロールの低下に対して効果もあるといわれています。

食物繊維は人の消化酵素で消化されない食物中の難消化性成分の総体です。
便秘の予防や整腸作用だけではなく、血糖値の上昇を抑制し、血液中のコレステロール濃度を低下させて糖尿病や脂質異常症を予防します。

食物繊維は「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2つに分かれます。
水溶性食物繊維には、ペクチン、グルコマンナン、アルギン酸、イヌリンなどがあります。

不溶性食物繊維にはセルロース、リグニン、甲殻類に含まれるキチン・キトサンなどがあります。


初回780円!雑誌、SNSで話題沸騰中のすごくおいしいフルーツ青汁 GOKURICH


スポンサーリンク

ペクチンの効果・効能・メリット

ペクチンは腸内環境を整えることで、大腸がんを予防する効果があります。

タンパク質や脂質、糖質などの栄養素は消化器官で消化され、小腸から体の中に吸収されていきます。

しかし、ペクチンは消化酵素の作用を受けずに小腸を通過して、大腸まで達します。
食物繊維はその大腸で便の体積を増やす材料となるとともに、腸内のビフィズス菌や乳酸菌の割合を増やすことによって腸内環境を整えて、腸内の発がん物質の生成を抑える効果があります。

また、便秘予防や腸の働きを正常にするだけではなく、代謝性疾患に対しても予防効果があると言われています。

高コレステロール血症で
冠動脈心疾患のリスクが高い成人を対象とした比較試験で、ペクチンを摂取することにより、LDL-コレステロール、血漿コレステロールが低下したという報告も上がっています。

ペクチンを含む食品

ペクチンを多く含む食品は以下となります。

  • リンゴ
  • みかん・オレンジ
  • レモン・ライム
  • バナナ
  • プルーン
  • キャベツ
  • オクラ
  • 大根

ペクチンを摂取する際の注意点

ペクチンは大量摂取とビタミン・ミネラルとの組み合わせに注意しましょう。

ペクチンを大量摂取すると、お腹にガスがたまりやすくなります。
※お腹がごろごろしたりするのは腸内環境が改善されている証拠です。

ですが、分量は徐々に増やしていき、十分な水分を取るようにしましょう。
ミネラルや脂溶性ビタミンの吸収を妨げる場合もあります。

また、玄米や全粒小麦食材を主食にしている方は、ペクチンをサプリメントとして補う必要はないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です