【イソフラボン】女性ホルモンと同様の働きで更年期障害、骨粗しょう症に効果

イソフラボンは、植物性ポリフェノールの一つといわれています。
イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似ているため、「フィトエストロゲン(植物エストロゲン)」と呼ばれます。

イソフラボンはマメ科の植物に多く含まれ、大豆、レッドクローバー、葛(くず)、甘草(かんそう)などに含まれます。
最近ではスーパーで豆乳をよく見かけますが、豆乳にもイソフラボンは多く含まれています。


初回780円!雑誌、SNSで話題沸騰中のすごくおいしいフルーツ青汁 GOKURICH


スポンサーリンク

イソフラボンの効果・効能・メリット

イソフラボンは更年期障害の症状軽減にも効果があるといわれています。
体内でエストロゲンと同じような働きをし、作用は穏やかです。

エストロゲンは女性に月経をもたらし、女性の体つきや美しい肌を作ってくれます。
またエストロゲンの効果と同じようにイソフラボンは骨からカルシウムが溶け出すのを防ぐ働きをもち、動脈硬化、高コレステロール決勝を予防します。

さらにエストロゲンが過剰な状態にあるときは、エストロゲンの受容体にイソフラボンが結合し、エストロゲンの働きを抑える抗女性ホルモン作用もあります。

エストロゲンは更年期障害に深くかかわっており、エストロゲンが少なくなることでイライラやのぼせ、頭痛などの症状が現れます。
イソフラボンがエストロゲン作用を補うことで、更年期障害特有の症状である、のぼせ、むくみなどを軽減させる効果があります。

また、過剰なエストロゲンにより高まる乳がん発祥のリスクを抑える効果も期待できます。
閉経後の女性で総コレステロール、LDLコレステロール、トリグリセリド濃度の低下が期待できます。

イソフラボンは糖尿病、更年期障害における症状の軽減に効果があると確認されています。

イソフラボンを含む食品

イソフラボンを多く含む食品は以下となります。

  • 納豆
  • 大豆飲料(豆乳など)
  • 豆腐
  • 油揚げ
  • 大豆煮
  • きな粉
  • みそ

イソフラボンを摂取する際の注意点

イソフラボンの効果は個人差があるといわれています。
サプリメントは大豆を原料とした「大豆イソフラボン」と表示されているものが多いです。

この大豆イソフラボンに含まれているダイゼインという成分が腸内菌の働きにより、エクオールを作ります。
しかし、近年では日本人のやく半分は大豆イソフラボンからエストロゲンににた働きをするエクオールを体内で作れないということが確認されています。

こうした人のためにエクオールを含んだサプリメントも開発されているので、イソフラボンを購入する方は、エクオールも含まれたサプリを購入することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です