サプリで日々の生活に足りない栄養素を補給中!

サプリマニア

サプリメント

【アスタキサンチン】ダイエット、美肌に効果的で目の疲れを癒す

更新日:

アスタキサンチンは、抗酸化作用を持つカロテノイドです。
アスタキサンチンはゼアキサンチンなどと同じく、動植物の赤、黄色などの色素成分であるカロテノイドの仲間です。

カロテノイドには優れた抗酸化作用があるといわれます。
また、アスタキサンチンは、強い抗酸化作用をもち、サケやイクラ、鯛、エビ、カニなどにも含まれます。

サケはもともとマスと同じ白身魚ですが、アスタキサンチンを筋肉中に溜め込んでいるために薄いピンク色になっています。
エビの場合、常温ではタンパク質と結合していますが、70度以上に加熱すると、タンパク質が編成して遊離するため、赤色を呈します。

調理しても赤いのがアスタキサンチンを含む植物の特徴です。

乳酸菌革命

アスタキサンチンの効果・効能・メリット

アスタキサンチンは脂肪に溶ける性質を持つため、特に血液中のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)の参加を抑える作用が強く、血管壁を守る働きがあります。
悪玉コレステロールを抑えることでダイエット効果も期待できます。

また、アスタキサンチンはもっとも活性が強い一重項酸素に対して効果を発揮するので、肌荒れやシワを予防、シミの抑制をして、肌を美しくする効果があります。
また、アスタキサンチンは、目の網膜や黄斑部に存在し、目の中にできた活性酸素を除去する働きをしています。

網膜の黄斑部は眼球でもっとも光が集まる部分であり、視力を支えている非常に重要な部位です。
しかし、その抗酸化作用は黄斑部を光のダメージから守る効果もあります。

さらにメタボリックシンドローム予備軍を対象とした実験でも、アスタキサンチンを3ヶ月間摂取させたところ、メタボリックシンドロームに効果的な数値がみられたという報告も上がっています。

アスタキサンチンを含む食品

アスタキサンチンを含む食品は以下となります。

  • 桜エビ
  • オキアミ
  • イクラ
  • 紅鮭
  • 金目鯛
  • ギン鮭
  • 毛ガニ
  • 甘エビ
  • キングサーモン
  • 白鮭
  • すじこくるまえび

アスタキサンチンを摂取する際の注意点

アスタキサンチンは、にんじん、トマトなどのカロテノイドを含む食品を同時に摂取すると競合が生じ、アスタキサンチンの吸収を低下させる可能性があります。
なので、妊娠中や授乳中の人は、使用を避けた方が良いとされています。

また、ビタミンCなどの水溶性抗酸化成分を一緒に撮れば、一旦失われた効果が戻るので、アスタキサンチンを含む食品にはレモンの搾り汁や大根おろしを加えると効果的です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-サプリメント

Copyright© サプリマニア , 2018 All Rights Reserved.