【マグネシウム】代謝をサポートし、不整脈・イライラに効果あり!

マグネシウムは骨や肝臓、筋肉、血液などに分布し、酵素の働きを助けます。

マグネシウムは成人の体に20〜25gほど存在し、そのうち6割ほどは骨に含まれ、カルシウムやリンとともに骨を構成する重要な成分となっています。
それ以外には肝臓や筋肉、血液などでタンパク質と結合した状態で存在します。

また、最奥内にも含まれていて、体内のミネラルバランスを維持する上でも役立っています。
マグネシウムは多くの酵素反応をサポートし、エネルギー産生をスムーズにするなどの作用があります。


初回780円!雑誌、SNSで話題沸騰中のすごくおいしいフルーツ青汁 GOKURICH


スポンサーリンク

マグネシウムの効果・効能・メリット

マグネシウムは体内で300種類以上の酵素の働きに関わっています。
マグネシウムはこれらの酵素反応を通してエネルギーを産生し、タンパク質を合成するなど重要な役割を果たしています。

筋肉の収縮は筋肉の細胞内にカルシウムが流れ込んで刺激を与えることによって起こりますが、マグネシウム不足によってカルシウムが必要以上に増加すると、筋肉の収縮がうまくいかず、痙攣や震えが起こり、不整脈や心筋梗塞のリスクが高くなります。

マグネシウムに対してカルシウムの摂取量が多すぎると、心臓発作による死亡率が高くなる可能性もあります。
そのほか、マグネシウムは神経の興奮を鎮め、血管を広げて血圧を正常に保ちます。
血液循環を調整して頭痛を予防する、体温を調節するなど、様々なメカニズムに関わりを持っています。

マグネシウムを含む食品

マグネシウムを多く含む食品は以下となります。

  • あおさ・青のり
  • わかめ
  • ごま
  • ひじき
  • てんぐさ
  • バジル
  • 昆布類

マグネシウムを摂取する際の注意点

マグネシウムは魚介類やごまなどのナッツ類、大豆などに多く含まれます。
また、未精製の穀物にも多く含まれていて、玄米やそば、全粒紛、ライ麦などを使った主食を選ぶと、効率よく摂取できます。

慢性的に不足するとし疾患のリスクが高まります。
注意することはカルシウムとの比率です。
摂取比率はマグネシウムが1に対して、カルシウムが2とすることが理想と言われています。サプリメントとして摂取するときは注意しましょう。

マグネシウムを多く摂取しても尿で排泄されますが、サプリメントなどで大量摂取すると筋肉や血圧の低下、下痢などを起こす可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です