【リコピン】トマトに多く含まれる美肌からガンまで効果がある抗酸化物質!

リコピンは抗酸化力を持つ植物由来のカロテノイドです。
リコピンはカロテノイドの仲間で、トマトなどの野菜やスイカ、ルビーグレープフルーツ、杏(あんず)、グァバなどの果物に多く含まれる赤い色素成分です。

リコピンを最も多く含んでいるのがトマトで緑黄色野菜の中では、唯一トマトだけがリコピンを含んでいます。


初回780円!雑誌、SNSで話題沸騰中のすごくおいしいフルーツ青汁 GOKURICH


スポンサーリンク

リコピンの効果・効能・メリット

トマトの抗酸化力はビタミンEの100倍もあり、抗がん作用もあります。

リコピンの摂取は収縮期血圧の低下、総コレステロールとLDLコレステロール値の低下をもたらすとされています。
また、リコピンは強い抗酸化力をもち、その効力はビタミンEの100倍、β-カロテンの2倍とも言われています。

活性酸素は、細胞がエネルギーを作るときに発生してしまものですが、体内で活性酸素が増えると、細胞を酸化させるため身体機能が衰えてきます。
例えば動脈硬化は血中のコレステロールが酸化LDLとなり、血管壁に貯まることが一因で起こりますが、これも活性酸素の作用によります。
リコピンが活性酸素を除去することで、動脈硬化予防の一つの手段となります。

また、肌を紫外線のダメージから守り、シミ、シワを抑え、肌を美しくしてくれる可能性があります。

リコピンは、体内では前立腺に多く含まれていますが、リコピンを摂取することによって、前立腺がんのがん細胞が減少するという研究結果があります。
さらに前立腺がんだけでなく、胃がん、肺がん、子宮がんなど他の部位でも、リコピンが、がん細胞の増殖を抑える可能性があります。

他にも、活性酸素が原因の視覚機能低下にも有効と言われています。
さらに加齢による視覚障害の予防にはルテインが有効ですが、リコピンもルテインとの相互作用で効果を発揮するとされています。

リコピンを含む食品

リコピンを多く含む食品は以下となります。

  • トマト、ミニトマト
  • スイカ
  • ピンクグレープフルーツ
  • あんず
  • グァバ

リコピンを摂取する際の注意点

リコピンは生で摂取するよりも、加工品の保有量が多いとされています。

トマトに含まれるリコピン量は熟成度によって大きく異なります。
リコピンは熱に強く壊れにくいので、、効率よく撮るためにはジュースやトマトピューレ、ホールトマトなど、完熟トマトの加工品を撮るのが有効とされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です