【ルテイン】目の健康維持に効果を持つカロテノイド

ルテインは黄斑の健康維持を保ちます。
カロテノイドは600種類以上存在し、β-カロテンやα-カロテンなどのカロテン系とルテインやゼアキサンチンなどのキサントフィル系に二分されます。

ルテインはキサントフィルに分類され、クロロフィルという葉緑素と共に植物のはや鼻に含まれ、色を示す成分です。

ルテインは、植物の緑葉、黄色花の花弁や果実、卵黄など、広く分布するカロテノイドですが、ビタミンAには変換されません。

ほうれん草、ケール、とうもろこし、ブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれ、植物が光合成を行うときに必要な色素です。
体内では同じカロテノイドの仲間であるゼアキサンチンとともに網膜の中の黄斑部に多く存在し、黄斑の健康を保っている物質です。


初回780円!雑誌、SNSで話題沸騰中のすごくおいしいフルーツ青汁 GOKURICH


スポンサーリンク

ルテインの効果・効能・メリット

ルテインはブルーライトのリスク予防と加齢黄斑変性症の予防に役たちます。

網膜の黄斑部に太陽光線やパソコンのモニター、テレビ、蛍光管などからの青色光、ブルーライトが当たると、活性酸素が発生します。
その活性酸素が黄斑部にある脂質を参加させ、視力を低下させますがルテインはこのブルライトリスクを予防します。

疫学調査で、食事からルテインを多く摂取すると、白内障、加齢黄斑変性症の発生リスクの低減が認められました。

ルテインは、光の中でも名有害な青色光を吸収すると共に、抗酸化作用を発揮して後半部の参加を防ぎます。
黄斑変性症の予防やその症状の暖和にルテインが用いられることがあります。

また、近視や乱視を含め、目の病気は活性酸素による光老化が原因と考えられています。
加齢黄斑変性症だけでなく、白内障も推奨体内のタンパク質が老化とともに少しずつ白濁するためと言われており、ルテインは白内障にも効果があるとみられています。

ルテインを含む食品

ルテインは視力低下、ブルーライトリスク、加齢黄斑変性症、白内障に効果があると言われていますが、多く含まれている食品は以下となります。

  • カボチャ
  • ケール
  • インゲン
  • ブロッコリー
  • ホウレン草
  • にんじん
  • グリーンピース
  • とうもろこし
  • 芽キャベツ

ルテインを摂取する際の注意点

ルテインはブルベリーと同時に摂取することをオススメします。
同じく目の健康に良いと言われているブルベリーですが、ルテインとは働きや特徴が異なるので両方を一緒にとるとよいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です