【コエンザイムQ10】肌の老化防止・抗酸化作用で免疫力アップ!

コエンザイムQ10は抗加齢作用を持つ補酵素であり、注目されている成分です。
生物界に広く分布する(ユビキタス)ことから「ユビキノン」とも呼ばれています。

脂溶性のビタミン様物質で、体内でも合成されるコエンザイムQ10ですが、歳をとるにつれて合成されにくくなります。
不足してくるとエネルギー成分力が弱まって、肌の老化や免疫力低下、また疲れやすい、肩こり、冷え性などの症状が現れてきます。

コエンザイムQ10はエネルギー生成や抗酸化作用でアンチエイジング効果があリます。


初回780円!雑誌、SNSで話題沸騰中のすごくおいしいフルーツ青汁 GOKURICH


スポンサーリンク

コエンザイムQ10の効果・効能・メリット

コエンザイムQ10は血糖や脂肪酸からエネルギーを生成します。
血統や脂肪酸から生命エネルギー(ATP)を生成するときコエンザイムQ10が重要な役割をになています。

エネルギーを生成しやすくするので、疲労回復や彼に伴う肌のトラブルの修復にも効果があります。
また、コエンザイムQ10は抗酸化、免疫機能の強化、心臓病の予防にも働きます。

コエンザイムQ10は体内の抗酸化ネトワークを構成する物質の一つでもあります。
老化や疾病の原因と言われるフリーラジカル(紫外線などの有害物質によって発生し、老化の原因となる分子)に対し、体を参加から守るアンチエイジングの役割を担っています。

抗酸化作用の他のネットワーク系抗酸化物質であるビタミンEビタミンC、グルタチオン、α-リポ酸などと同様に大切な成分と言われています。

ビタミンEの抗酸化力やビタミンB6の免疫増強作用を補強する働きもあります。

コエンザイムQ10は以前からうっ血性心疾患などの治療薬「ユビデカレノン」としても使用されてきた成分です。

コエンザイムQ10製剤はアメリカではミトコンドリア脳筋症に対する薬剤としても認められ、筋ジストロフィやパーキンソン病にも有効性わかっています。

コエンザイムQ10を含む食品

コエンザイムQ10が多く含まれる食品は以下となります。

  • イワシ
  • サバ
  • 豚肉
  • 牛肉
  • きな粉
  • ピーナッツ
  • ごま
  • 鶏肉
  • 大豆
  • しそ

コエンザイムQ10を摂取する際の注意点

コエンザイムQ10は降圧剤との併用に注意してください。
血圧に対する影響を考えると、降圧剤を併用した場合は、血圧の変動に注意する必要があります。

大量摂取で、食欲不振、吐き気などの副作用の出る可能性があり、医薬品として用いられる量を目安としましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です