【オリゴ糖】腸内環境改善、便秘の予防や改善に効果!

オリゴ糖は町内で善玉菌を増やす「プレバイオティクス」として注目されています。

腸内環境を整えるなど、様々な生理活生のある成分として研究されてきたのがオリゴ糖です。
「消化性」と「難消化性」に大別されますが、難消化性
オリゴ糖は、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を増やす「プレバイオティクス」としての作用が注目されています。

オリゴ糖は、便秘の予防や改善に働き、おなかの調子を整える特定保健用食品として認可されています。
特に難消化性オリゴ糖は単糖に分解消化されないため、血統が増加せず、インスリンの分泌が起こりません。そこで、血糖値をあげにくい甘味料として利用されています。

また、虫歯予防効果も認められています。


初回780円!雑誌、SNSで話題沸騰中のすごくおいしいフルーツ青汁 GOKURICH


スポンサーリンク

オリゴ糖の効果・効能・メリット

腸内に届いたオリゴ糖は、腸内細菌により分解され、ビタミンKB1B2B6B12、ビオチン、葉酸などが生成されます。

大豆オリゴ糖は、大豆を元に分離・精製して作られるオリゴ糖で、消化性と難消化性に分類されます。

フラクトオリゴ糖は、スクロースにフルクトースが1〜3個結合した難消化性オリゴ糖です。
ガラクとオリゴ糖ラクトースにガラクトースが結合した難消化性オリゴ糖で、母乳に多く含まれます。

丸とオリゴ糖はグルコースが2〜7分子直鎖状に結合したオリゴ糖です。
デンプンを酵素で分解して作られます。

パラチノースはスクロースに転移酵素を作用させて結合の仕方を変えた二糖類の一つです。
天然では、ハチミツ、さとうきびに含まれます。
分解が遅く、血糖値を急上昇させないため、糖尿病の人にはおすすめです。

トレハロースはグルコースがグルコースが2分子結合した二糖類です。
虫歯予防の他、熱や酸に強いため、食品の品質保持、化粧品や衣料品などの変質防止にも利用されています。

オリゴ糖を含む食品

オリゴ糖を多く含む食品は以下となります。

  • ヤーコン
  • きな粉
  • 甜菜
  • ささげ
  • インゲン豆
  • ごぼう
  • えんどう豆

オリゴ糖を摂取する際の注意点

オリゴ糖はサプリメントを利用して少量摂取しましょう。

オリゴ糖は食物に含まれていますが微量なので、サプリメントで補う必要があります。
ただし、大量摂取すると、下痢になる可能性がありますので注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です