【グルコサミン】関節炎を改善!軟骨を作る栄養素

中高年者でよくある膝の痛みでテレビショッピングでよく聞く「グルコサミン」。
このグルコサミンですが、軟骨を作るのに不可欠な栄養素で関節炎を改善してくれます。

グルコサミンは、グルコースにアミノ基が付いた代表的なアミノ糖です。
動物の皮膚や軟骨、甲殻類の殻に含まれており、工業用材料には蟹やエビなどの甲殻由来のキチンを塩素などで分解する製造法が使用されています。

人の体内でもごうせいされますが、中高年期では減少していくので意識的にグルコサミンをとる必要があります。


初回780円!雑誌、SNSで話題沸騰中のすごくおいしいフルーツ青汁 GOKURICH


スポンサーリンク

グルコサミンの効果・効能・メリット

グルコサミンは軟骨生成に不可欠な成分であり、がん闘病中の衰弱を食い止める働きもあります。

アミノ糖は糖たんぱく質を構成する成分で、人の体にも存在しており、軟骨や爪、人体、皮膚などに分布し、細胞間や組織どうしを結びつける結合組織の役割を果たしています。

また、加齢や肥満による関節の駆使に加え、代謝の低下や運動不足によって軟骨の減少が出てくると、腰痛や膝の痛みが生じ、変形性関節症を招くおそれがあります。
グルコサミンは、軟骨をつくるために必要不可欠な栄養素の一つですので、諸症状のけいげんを目的として用いられます。

さらに、食欲不振を改善することから、がんの進行による急激な痩せと衰弱を食い止め、体力向上に役立つ効果も期待されています。
下肢潰瘍に対して外用で有効性を示した研究結果もあります。

また、統合失調症患者の陰性症状(意欲低下や感情鈍麻など)に対する改善効果も確認されています。

グルコサミンを含む食品

グルコサミンを多く含む食品は以下となります。

  • エビ
  • うなぎ
  • フカヒレ
  • 牛、豚、鶏などの軟骨
  • 干しエビ
  • オクラ
  • 山芋などネバネバした食材

グルコサミンを摂取する際の注意点

グルコサミンは甲殻類アレルギーに注意してください。
グルコサミンを含む食品やサプリメントは、甲殻類にアレルギーがある人は摂取には十分注意が必要です。

まれに胃の不快感や食欲減退などの症状が現れることがあります。
その場合は、医師への相談や摂取量の調節などで対応することをおすすめします。

また、変形性関節症に対する効果はコンドロイチンを併用することで高められるとされています。
グルコサミンの製品の多くにコンドロイチンが含まれているのはこのためです。
グルコサミンとコンドロイチンの両方が一緒になっている成分としては、ムコ多糖があげられます。

甲殻類アレルギーの人や、植物として摂取したいかたは山芋などがおすすめです。

14年の実績!進化を遂げた「皇潤」はひざの関節炎に効果あり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です