サプリで日々の生活に足りない栄養素を補給中!

サプリマニア

サプリメント

【ホスファチジルセリン】加齢による記憶・集中力を高めアルツハイマー病に効果

更新日:

ホスファチジルセリンは脳や神経組織に多く含まれるリン脂質の一種で、人の脳の全リン脂質の役18%を占めます。

ホスファチジルセリンは血液凝固反応で働くことが知られています。そのほかにも様々な生理機能に関与することが示されています。
近年、大豆を原料とした高純度の植物性ホスファチジルセリンを作り出すことが可能になり、サプリメントの原料となっています。

乳酸菌革命

ホスファチジルセリンの効果・効能・メリット

ホスファチジルセリンは脳機能維持と老化防止に効果があります。
加齢による認知機能の低下や記憶障害、アルツハイマー病に対して、有効性が示されています。
高齢者の注意力、覚醒、言葉の流暢さ、記憶の改善が認められた事例があります。

ホスファチジルセリンの6〜12習慣の投与により認知機能と評価テスト全般に改善が見られた事例もあります。
しかし、過剰摂取によりその効果は減弱し、16周以上の摂取で症状を抑える効果がなくなるとも言われています。

脳神経細胞の幕は、脳細胞が本来の機能を発揮する上で重要な役割を担います。
細胞内への栄養素取り込みや老廃物の排出には、細胞膜ちゅうのホスファチジルセリンが深く関係し、脳細胞の正常化を図っています。

ホスファチジルセリンを投与し、脳の機能に及ぼす影響を調べた研究では、記憶、判断、抽象的思考や物事に対する注意力、集中力の向上などが認められています。
不眠、うつ、精力減退、運動によるストレスの改善効果については、さらに研究が必要と言われています。

ホスファチジルセリンを含む食品

ホスファチジルセリンを多く含む食品は以下となります。

  • 大豆
  • ハツ(鶏の心臓)
  • もつ
  • サバ
  • うなぎ
  • マグロ

ホスファチジルセリンを摂取する際の注意点

ホスファチジルセリンは大量摂取で不眠や胃もたれの原因になる可能性があります。
ホスファチジルセリンは大豆に多く含まれていますが、脳への健康効果を期待する場合はサプリメントが進められています。

そのサプリメントも含有量をきちんとチェックして、最低1〜2ヶ月間は摂取を続けないと期待通りの効果は表れにくいとされています。

食事と一緒に摂取し、脳の健康のためには、DHAも取ると良いと言われています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-サプリメント

Copyright© サプリマニア , 2018 All Rights Reserved.