【鉄】女性に不足しやすいミネラルで疲労・免疫力低下に効果

「鉄」は赤血球を構成し、酸素を運搬し、また女性に不足しやすいミネラルです。

鉄は全身に酸素を運ぶ赤血球に含まれるヘモグロビンを構成するミネラルです。
人体には3〜4g存在しますが、そのうち約70%は赤血球のヘモグロビンや、筋肉中に存在するミオグロビンというタンパク質を構成しており、「機能鉄」と呼ばれています。
残りは肝臓や骨髄、脾臓などに蓄えられている「貯蔵鉄」で、機能鉄が不足すると血液中に放出されます。

また、閉経前の女性は毎月の月経で血液を失うため、鉄欠乏性貧血になりやすく、また、妊娠時には必要量が増えて、やはり貧血になりやすくなります。


初回780円!雑誌、SNSで話題沸騰中のすごくおいしいフルーツ青汁 GOKURICH


スポンサーリンク

鉄の効果・効能・メリット

血液は、肺から取り込まれた酸素を全身の細胞にくまなく送り届けています。
その構成要素として鉄はとても重要な役割を担っています。

酸素が不足すると、細胞内で行われる様々な代謝がスムーズに行われなくなるため、疲労を感じたり、免疫力が低下したりします。

また、鉄は様々な酵素の構成成分にもなっていて、これらの酵素は肝臓で毒素を解毒したり、エネルギー代謝に関わったりしています。

鉄を含む食品

鉄を多く含む食品は以下となります。

  • バジル
  • タイム(香辛料)
  • こんにゃく
  • 青のり
  • あゆ
  • かわのり
  • ひじき
  • セージ
  • きくらげ
  • アワビ

鉄を摂取する際の注意点

鉄の摂取が不足すると、鉄欠乏性貧血を起こし、疲れやすい、頭痛、動悸、食欲不振などの症状が現れます。
月経過多や子宮筋腫のある女性や、胃・十二指腸潰瘍を患っている人は特に欠乏しやすいので注意が必要です。

鉄はもともと吸収されにくいですし、貯蔵鉄が鉄の吸収をコントロールしているため、必要以上に吸収されない仕組みになっています。
このため、過剰症になることは稀ですが、サプリメントを大量に摂取し続けると、肝臓などに鉄が沈着し、臓器の機能が低下する鉄沈着症を起こすことがあります。

レバー類やカツオなどの動物性食品い多く含まれるのがタンパク質と結合した「ヘム鉄」で小松菜などの野菜に多く含まれるのが「非ヘム鉄」です。

ヘム鉄は非ヘム鉄より体内への吸収率が高いとされています。
非ヘム鉄はビタミンCと一緒に撮ると吸収りつがアップします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です