【ビオチン】アトピーなど肌や髪の健康に効果がある水溶性ビタミン

ビオチンは補酵素として働く水溶性ビタミンの一つです。
体内に取り込まれると酵素タンパク質と結びつき、補酵素として働き、脂肪酸とグルコースの合成などに関与します。

強い運動をしたときに、ブドウ糖がエネルギーに変わる過程で乳酸が発生します。
そして乳酸は肝臓に運ばれ、ピルビン酸からオキサロ酢酸に変化し、ブドウ糖に再合成されます。
その過程で、ビオチンは補酵素として働きます。

ビオチンが不足し、その働きが低下すると、糖が再合成されず、筋肉痛や疲れが現れます。

また、ビオチンはDNA(核酸)の合成による細胞の活性化や、血糖値の維持など、さまざまな生理作用に重要な役割を担っています。


初回780円!雑誌、SNSで話題沸騰中のすごくおいしいフルーツ青汁 GOKURICH


スポンサーリンク

ビオチンの効果・効能・メリット

ビオチンは肌や髪のトラブルを解消し、胎児の発達にも関与します。
ビオチンは皮膚炎を治す実験から発見され、ビオチンが不足すると、髪が抜けたり、白髪になるなどの症状が現れます。

また、アトピー性皮膚炎の原因となる化学物質ヒスタミンのもとになる、ヒスチジンを体外に排泄する作用があり、その効果が注目されています。

さらに最近では、妊娠の正常な維持や胎児の発達にも関与していることが明らかになっています。
また、幼児の脂漏性皮膚炎に対しても有効性が認められています。

そして、もろい爪を厚くするのに、経口摂取で有効であることを示す報告もあります。

ビオチンはレバー、腎臓、乱闘、公募、野菜、穀粒、ナッツなど様々な食品に含まれていますが、バランスの良い食事で、毎日少しずつでも摂取することが大切です。

ビオチンは腸内細菌によっても合成されますが、抗生物質などの薬を長く服用している人は、腸内細菌によるビオチンの生成が妨げられることもあります。
摂取の目安量は成人男性、女性ともに1日50μg(マイクログラム)と言われています。

ビオチンを含む食品

ビオチンを多く含む食品は以下となります。

  • 落花生(ピーナッツ)
  • ヘーゼルナッツ
  • パン酵母
  • まいたけ
  • 鶏肉レバー
  • 鶏卵
  • 牛肉レバー
  • 豚肉レバー
  • からし
  • しろきくらげ

ビオチンを摂取する際の注意点

ビオチンの摂取不足、過剰の心配はありません。

欠乏症はありませんが、生の卵白を大量にとり続けると、アビジンという糖たんぱく質がビオチンの吸収を妨げることがあります。
また、尿からすぐに排泄されるのでとりすぎの心配もありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です