【コンドロイチン】軟骨の元となる成分で関節痛、腰痛、動脈硬化に効果

コンドロイチンは関節軟骨、骨、脳組織に含まれる重要な成分です。

コンドロイチンの語源は「軟骨の元」と言う意味のギリシャ語で「コンドロス」です。
コンドロイチンはタンパク質と結合して、軟骨や皮膚など、体内に多く存在しています。
動物の細胞、線維、臓器などを結びつけ、それらを維持・保護し、栄養・水分を補給する役目を果たしています。

生体内分布が広く、関節軟骨や骨などの他にも、脳神経組織など、ほとんどの臓器や組織に含まれ、重要な機能を担っています。
特に軟骨を構成しているコンドロイチンは、コラーゲンヒアルロン酸などとともに、クッション作用に重要な役割をしています。


初回780円!雑誌、SNSで話題沸騰中のすごくおいしいフルーツ青汁 GOKURICH


スポンサーリンク

コンドロイチンの効果・効能・メリット

コンドロイチンは、成長期には体内で生成されますが、加齢とともに、体内でのコンドロイチンの生成が減少し、体外からの補給が必要になります。

コンドロイチンは、多くの医薬品に用いられており、関節の痛みや代謝を正常化させるなどの作用が報告されています。
ネフローゼ症候群や関節リウマチ、神経痛、五十肩、脱毛症、夜尿症などの薬に活用されます。

また、コレステロールと過酸化脂質を除去することから、動脈硬化防止骨折の治療促進などに用いられた研究もあります。

鎮痛薬や非ステロイド系抗炎症薬との併用で、股関節や膝の変形性関節の痛みが軽減したと言う報告も確認されています。
また、膝の変形関節症患者に置いて、コンドロイチン硫酸と塩酸グルコサミン、アスコルビン酸マンガンの併用が、痛みを改善させたとする報告もあります。

コンドロイチンを含む食品

コンドロイチンを含む食材は以下となります。

◆動物性

  • フカヒレ
  • うなぎ
  • ドジョウ
  • ヒラメ
  • なまこ
  • 鶏の皮
  • 牛・豚・鶏の軟骨

◆植物性

  • オクラ
  • 山芋
  • 里芋
  • 納豆
  • なめこ

コンドロイチンを摂取する際の注意点

グルコサミンは食事による摂取量だけでは健康効果を期待するには少なく、老化防止のためのコンドロイチンを含んだサプリメントが多く使われています。

サプリメントでは、主にサメの軟骨や牛の軟骨を原料にしています。
中高年の関節の痛みなどに対して使用するときは変形性関節症や腰痛に聞くとされているグルコサミンを併用することもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です