【ナイアシン】体に必要なエネルギーを作り二日酔いに効果

ナイアシンは人間の体内で最も多い水溶性ビタミンであり、脂質や糖質、タンパク質からエネルギーを作ります。

ナイアシンは体内に最も多く存在する水溶性ビタミンでビタミンB群の仲間です。
食品に含まれるナイアシンは体内でニコチン酸として吸収され、ニコチン網戸に変わります。

エネルギー代謝や、二日酔いのもとになるアセトアルデヒドの分解をはじめ、様々な代謝過程で補酵素として働きます。

ナイアシンは魚介類やレバー、きのこ類を始め、様々な食品に含まれ、体内でもアミノ酸のトリプトファンを材料にして合成されます。


初回780円!雑誌、SNSで話題沸騰中のすごくおいしいフルーツ青汁 GOKURICH


スポンサーリンク

ナイアシンの効果・効能・メリット

ナイアシンは主に補酵素として働きます。
特に細胞内のミトコンドリアで糖質、タンパク質、脂質からエネルギーを作り出すプロセスにおいて、重要な役目を担っており、体内で必要なエネルギーのうち、6〜7割はナイアシンの働きによって生み出されていると言われています。

また、アルコールを摂取した時に体内で作られるアセトアルデヒドを分解するときも補酵素として働くほか、老化や疾病の原因にもなる活性酸素の除去酵素を助ける働きもあります。

二日酔いが嫌な方はナイアシンを摂取することにより、辛い症状も抑えることができます。

ナイアシンを含む食品

ナイアシンを多く含む食品は以下となります。

  • まいたけ
  • たらこ
  • コーヒー
  • かつお節
  • 米ぬか
  • 酵母
  • マグロ
  • すけとうだら

ナイアシンを摂取する際の注意点

ナイアシンの欠乏症としてペラフラという皮膚病が知られています。
トウモロコシを主食とした中南米などで見られる病気で、ナイアシンを含む食品の摂取が少ない上、ともろこしにはトリプトファン含有量が少ないことが原因とされます。

ナイアシンは熱に強いので調理しても成分が変化することはない上、体内でも合成されるので、日本人の通常の食生活では欠乏する心配はほとんどありません。
ただし、大量に飲酒する習慣がある人は、アセトアルデヒドが分解される時に多くのナイアシンが使われるため、欠乏する可能性があります。

一方、ナイアシンを過剰に摂取すると、ヒスタミンが遊離して一時的に血管が拡張して皮膚が赤くなったり、痒みを引き起こすことがあります。
日常の食生活で過剰摂取の心配はありませんが、サプリメントを使用する際は取りすぎないことを意識するようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です