世の中のお薬やサプリメントのなんかちゃこれ???ってやつ調べます。

なんかちゃサプリ

サプリメント

【共役リノール酸(CLA)】肥満防止と花粉症対策に効果!

投稿日:

共役リノール酸は不飽和脂肪酸の一種で善玉の脂肪酸とも呼ばれています。
共役リノール酸はひまわりの種に天然のものが含まれていることが発見されています。

牛や羊は反芻胃(はんすうい)と呼ばれる胃を持っています。
この反芻胃のなかに棲む微生物が食べ物を消化し、成分を組み替えます。

このような反芻動物がリノール酸を多く含んでいる肥料を食べると、消化器官内の微生物がリノール酸を共役リノール酸に変化させます。
反芻動物の胃の中に存在する微生物によって生成されることから、一般の食品では牛やヤギなどの食肉、乳製品、卵などに含まれ、それらは主にべに花油、、大豆油などのリノール酸を多く含む植物油を異性化して工業的に合成されています。


初回780円!雑誌、SNSで話題沸騰中のすごくおいしいフルーツ青汁 GOKURICH


共役リノール酸(CLA)の効果・効能・メリット

共役リノールさんは、肥満などの体脂肪の増加を抑制する効果があります。

脂肪は消化管内で消化、吸収され、リポたんぱくリパーゼという酵素によって分解され、脂肪細胞内に蓄えられます。
脂肪細胞内に蓄えられた脂肪は、ホルモン感受性リパーゼというものに分解され、それがエネルギーとなって使われます。

このホルモン感受性リパーゼがきちんと働かないと脂肪は蓄積していき、肥満につながります。
共役リノール酸には、このホルモン感受性リパーゼの働きを活性化させる作用があります。

また、血液中のコレステロールや中性脂肪を減らす働きにより、血流が改善されるので冷え性の改善にも効果があり、抗酸化作用を持つので血管の壁に悪玉コレステロールが沈殿するのを防ぎます。

さらに花粉症などのアレルギー反応を抑制し、アレルギー反応の引き金となる物質が生成されるのを防ぎます。

共役リノール酸(CLA)を含む食品

共役リノール酸が多く含まれる食品は以下となります。

  • 牛肉
  • 牛乳
  • バター
  • チーズ
  • べに花油
  • 大豆油

一番簡単に摂取しやすいのはサプリメントです。
手軽に摂取できるサプリメントを使用しましょう!

共役リノール酸(CLA)を摂取する際の注意点

共役リノール酸は食事で採れる量が微量で限られています。
一番いい摂取方法は運動前にサプリメントを摂取することがいいです。

さらに体脂肪を効率よくエネルギーに変える働きをするためカルニチンと併用すると、脂肪燃焼のサイクルに拍車がかかり、効果もアップします。

ただし、過剰摂取をすると、便秘、下痢、軟便になる可能性があると言われているので注意しましょう。


【薬剤師さん限定】転職成功でボーナス最大20万円プレゼント中『ファゲット』

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-サプリメント

Copyright© なんかちゃサプリ , 2017 All Rights Reserved.