【クエン酸】疲労回復とミネラルの吸収促進効果

クエン酸は柑橘類やお酢に含まれる酸味のある成分です。
このクエン酸は人間の体の中でエネルギーを生み出し、疲労回復にも働く効果があります。

体内に取り入れられた炭水化物は脂質、タンパク質はブドウ糖やグリセロール、脂肪酸、アミノ酸など人間の体にとってエネルギーとなるものに分解され細胞に吸収されます。
また、ブドウ糖はピルビン酸と言うものに分解され、クエン酸、アコニット酸、イソクエン酸など様々な酸に変化して、人間の体内でエネルギーを生成し続けます。

最後は二酸化炭素と水になって体外に排出されます。


初回780円!雑誌、SNSで話題沸騰中のすごくおいしいフルーツ青汁 GOKURICH


スポンサーリンク

クエン酸の効果・効能・メリット

運動やトレーニングをしたり、ストレスをかかえると乳酸が蓄積されます。
この乳酸は疲労物質と呼ばれ、クエン酸はこの乳酸を二酸化炭素に分解して、人間の体外に排出する効果があります。

簡単に言うと、運動した後に筋肉痛になることがあります。
これは乳酸が蓄積されるとなる症状であり、クエン酸を摂取することで乳酸が分解され、二酸化炭素になり筋肉痛がなくなって行くということです。

クエン酸が不足すると、糖質や脂質のエネルギー変換が効率よく行われなくなり、乳酸がたまりやすくなり、疲労や筋肉痛を生じるようになります。

また、クエン酸の働きで重要なのは、ミネラルの吸収を促進する効果があるということです。
カルシウムマグネシウムなどのミネラルは、一般的に人間の体内に吸収されにくい成分ですが、クエン酸とくっついて吸収率が増加します。

クエン酸はミネラルの吸収を高めるので美容効果などにも関与しています。
しかも、血流の改善、免疫アップなどの効果もあります。

クエン酸を含む食品

クエン酸を多く含む食品は以下となります。

  • レモン
  • ライム
  • 梅干し
  • キウイ
  • みかん
  • グレープフルーツ
  • いちご
  • パイナップル
  • オレンジ
  • 黒酢

クエン酸を摂取する際の注意点

クエン酸は、梅干しや梅肉エキス、もろみ酢などに多く含まれていますが、1日の摂取量の目安は約2gと言われています。

ビタミンB群と一緒に撮るとエネルギー代謝が促進され、より疲労回復効果が高まります。
しかし、稀に下痢、吐き気などの胃腸障害などが報告されています。さらに、日光や紫外線に当たることにより、過敏症などの健康被害が起こることがあるので注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です