【クレアチン】運動能力向上と持続力向上の効果

クレアチンは激しい運動時にエネルギーを貯蔵するアミノ酸です。

クレアチンとリン酸が結合したクレアチンリン酸は、主に運動時のエネルギー貯蔵に使われる成分で、約90%が筋肉に存在します。
特に激しい運動を繰り返す時に、摂取することで運動能力を高めるので、短距離走や重量挙げなどのアスリートに積極的に用いられています。

クレアチンはペプチドの一種で、グリシン、アルギニン、メチオニンから、主に肝臓や腎臓内で合成されます。

その大半が骨格筋にクレアチンリン酸として貯蔵され、運動時のエネルギーを補充するために使われます。


初回780円!雑誌、SNSで話題沸騰中のすごくおいしいフルーツ青汁 GOKURICH


スポンサーリンク

クレアチンの効果・効能・メリット

運動時に重要で不可欠なのが、ATP(アデノシン三リン酸)というエネルギー物質です。
ATPとは、アデノシンとと3つのリン酸が結合したもので、分解される際に、エネルギーを放出します。

この分解によってリン酸が1つ減ったADP(アデノシン二リン酸)を、ATPに再合成する際に必要なのが、クレアチンリン酸です。
クレアチンリン酸によって再合成されたATPは再びADPに分解されてエネルギーを放出し、このADPがまたATPに再合成されるということが繰り返されます。

このようにクレアチンリン酸が筋肉の中に多く存在することによって、運動を続けることができます。
短期間の激しい連続運動では、特に筋肉の動きを高めるのにサプリメントなどの摂取は有効と言われています。

クレアチンリン酸によるエネルギー補充は、無酸素状態で行われるため、クレアチンリン酸の摂取は主に、短距離走などの瞬発力を使うスポーツに有効とされています。

クレアチンを含む食品

クレアチンを多く含む食品は以下となります。

  • 豚肉
  • 牛肉
  • アジ
  • サケ
  • ニシン
  • タラ

クレアチンを摂取する際の注意点

クレアチンを摂取し続けると、尿の量が増加するため、常用していたスポーツ選手が肝臓や心臓に負担がかかっていたという報告も上がっています。

また、大量の長期摂取で、副作用として、胃腸の痛みや吐き気、下痢の報告があります。
特に腎臓に負担がかかりやすく影響を及ぼす可能性があるため、使用前に腎臓の確認をし、専門の医師に相談し、指導を受けることが一番です。

個人の考えで大量摂取するのは絶対避けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です