【シトルリン】血流改善でむくみ、冷え性などの効果!

シトルリンはスイカから発見されたアミノ酸です。

シトルリンは1930年に日本でスイカから発見された遊離アミノ酸の一種です。
遊離アミノ酸はタンパク質とは結合せず、一つ一つのアミノ酸の状態で体の中に存在しています。

シトルリンはスイカから発見されたように、ウリ科の植物に多く含まれており、一酸化窒素を作り出すことを促すことで、血管を拡張させる効果を持ちます。
そのことにより、血流がよく流れるようになります。

また、尿素の働きにも重要な成分で、肝臓でアンモニアを無毒な尿素にする働きに大きく関わっています。

日本ではシトルリンが食品成分としても利用可能となり、健康食品として利用されています。
また、欧州では医薬品の成分として使用され、アメリカではサプリメントとして注目を集めています。


初回780円!雑誌、SNSで話題沸騰中のすごくおいしいフルーツ青汁 GOKURICH


スポンサーリンク

シトルリンの効果・効能・メリット

シトルリンは血流を改善させることができます。
それにより、むくみや冷えの改善、新陳代謝の向上、筋力や勢力の向上などに効果が期待されています。

むくみは、人の体内に余分な水分や老廃物が蓄積されて起こる症状です。
特に筋肉量が少ない女性に多い悩みで、冷え性も女性に多い症状です。これは血管の結構不良が主な原因です。

シトルリンがも血管を拡張させる作用は、抹消血管で効果を示し、血流を改善し、むくみや冷え性を改善します。
また、シトルリンは天然保湿因子を構成するアミノ酸の一種でもあります。これは肌の美しさを保つ作用があります。
また、天然保湿因子とは、角質層や角質細胞の中に存在し、水分を保持する力を持つ物質です。

シトルリンは新陳代謝を活性化させ、ターンオーバーという肌の生まれ変わりを促進させる効果もあります。
また、疲労の原因物質であるアンモニアを肝臓内で尿素にかえ、体外へ排出する作用があるため、疲労の回復に効果があります。

さらにシトルリンが産生を促進するを促進する一酸化窒素は運動時のパフォーマンスに対し良い影響を与え、運動後の筋肉痛をお抑制する効果も期待されています。

シトルリンの摂取で成長ホルモンの分泌が促されるため、筋力の増強効果との相乗効果が期待されます。

シトルリンを含む食品

シトルリンが多く含まれる食品は以下となります。

  • スイカ
  • メロン
  • 冬瓜(とうがん)
  • きゅうり
  • にがうり
  • ヘチマ
  • クコの実
  • にんにく

シトルリンは上記のようにウリ科に多く含まれます。

シトルリンを摂取する際の注意点

降圧剤(こうあつざい)を服用している人は、摂取を控えるようにしましょう。
血管関連の持病がある人は医師や専門医に相談した上で使用するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です