【フェルラ酸】認知症・アルツハイマーに効果的で皮膚トラブルも暖和

フェルラ酸はイネ科の植物の細胞壁に多く含まれているポリフェノールです。
バナナが黒く変色することを防止したり、抹茶の色の変化を防止するための酸化防止剤として使用されています。

フェルラ酸の原料は米ぬか、トウモロコシとなります。
肌のメラニン色素を作るチロシナーゼという酵素に働きかけて、シミの原因となるメラニンの生成を抑えたり、紫外線の吸収性が強いことから多くの化粧品に成分として配合されています。

フェルラ酸は、ぬかとして捨てられてしまう米や小麦の皮の部分に多く含まれています。
昔は精米技術が低かったので、皮も一緒に摂取でき、フェルラ酸を多く含む米が普通でしたが、精米技術が上がった現在では、このフェルラ酸は不足気味と言われています。


初回780円!雑誌、SNSで話題沸騰中のすごくおいしいフルーツ青汁 GOKURICH


スポンサーリンク

フェルラ酸の効果・効能・メリット

フェルラ酸は脳の機能の改善や高血圧の改善などの効果があります。
軽度のアルツハイマー病の症状改善にも効果があると言われています。

ラット(実験用のネズミ)を使った実験では、フェルラ酸に脳神経保護の作用があることがわかっています。
また、アルツハイマー病の実験用マウスを対象としたフェルラ酸投与試験で、脳内に悪い影響を与える活性酸素が抑制され、脳細胞が保護されたことから、フェルラ酸はアルツハイマー病、認知症予防にも役立つと期待されています。

フェルラ酸は、痛んだ脳細胞を修復し、脳細胞が死んでしまうのを防いでくれる脳細胞保護効果があるため、学習記憶向上効果も期待されています。

さらに皮膚にフェルラ酸と、ビタミンCビタミンEを合わせた溶液を塗りつけた後、紫外線を当てた場合、紫外線による皮膚の傷害が暖和されるという効果も確認されています。
フェルラ酸は紫外線を吸収し、メラニンの生成を抑制することから、肌の色素沈着を防ぎ、透明感をもたらし、美白効果期待できます。

また、善玉コレステロールを活性化させることで、悪玉コレステロールの増加を防ぎ、動脈硬化などの疾患の予防効果も期待されます。

フェルラ酸を含む食品

フェルラ酸を多く含む食品は以下となります。

  • 米ぬか
  • 玄米
  • とうもろこし

フェルラ酸を摂取する際の注意点

フェルラ酸は興奮作用があります。
副作用は攻撃的になるなど、まれにあるとも言われていますので摂取量には注意しましょう。

アルツハイマーの初期症状に効果があるとはいえ、独断で摂取をするのは避け、医師に相談することをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です