世の中のお薬やサプリメントのなんかちゃこれ???ってやつ調べます。

なんかちゃサプリ

このサイトはサプリメントに関する記事を掲載しています。
世の中に出回っているサプリメントを調べ解説しています。

世界でも、日本人の栄養状態は良好でトップクラスの長寿国と呼ばれています。
しかし、いくら長寿国で平均寿命が伸びていても、超高齢化社会と平均寿命と健康寿命との差です。
これが、社会保障費を押し上げ、日本の財政破綻と招くと、専門家が警鐘を鳴らしています。

日本では政府が対策の一つとして「健康寿命の延伸」を掲げています。
平均寿命と健康寿命の差は、「不健康な期間」です。

この差を縮めることは、医療費や介護給付費など社会保障負担の軽減となります。
何よりも介護に頼らない自立した健康な老後を送ることは一人一人の幸福にも繋がります。

老後に寝たきりや要介護にならないためにできることは食事や運動、休養などの日々の生活のコントロールです。

いつでも健康であるために日常生活にサプリメントを取り入れましょう

1960年代からアメリカではガンの死亡率半減のための治療技術の向上のため巨額の予算を投じてきました。
しかし、一向に成果が上がらず、議論の末、「治療」ではなく「予防」を重視した対策を行うべきだということになったのです。

さらに1976年、乗員に栄養問題特別委員会が設置され、国民の健康と栄養の関係を調査しました。
これが「マクガバンレポート」です。

レポートはがんや心臓病、糖尿病などの現代病は、食事が原因の「食源病」であるという結論となりました。
特に動物性脂肪の過剰摂取が原因であり、カルシウムや鉄、ビタミンA、B1、B6、C、Eの不足が大きな問題だと報告されています。

このマクガバンレポートによって、食事の見直しと「サプリメント」へのニーズが生まれました。
必要な栄養素は食事で撮るのが基本ですが、足りないものはサプリメントで補い、健康維持を心がけようというわけです。

これに伴い、アメリカでは「健康法」を取り入れます。
この制度の基本的なミッションはアメリカ国民の健康の増進や病気の予防であり、そのための栄養やサプリメントの有効性についていかに国民に対し、正しい理解と判断を養うことができるかという点にあります。

また、アメリカ政府はサプリメントに関する研究を支援し、評価された研究成果はヘルスケアの専門家や医療従事者にも広く情報提供をしています。
例えばサプリメントの販売店には客の相談に応じる十分なスキルを身につけたアドバイザーがおり、また代替医療のクリニックやサプリメントに詳しい医師から製品情報をもらうことも多いのです。

こうした活動から国民の健康促進につながるとともに最近の研究では医療費削減にも貢献しているとも言われています。
サプリメントを使用することでどの程度の医療費抑制になるかを検討した結果、あるサプリメント素材を限定した7年間の累計で約5兆円を超える削減額が見込めるという結果でした。

アメリカでは医療費が高額だということもあり、国民は「自分の健康は自分で守る」という意識を持って知識を身につけ、情報を収集し、アドバイスを受けています。

日本でも今後、国民がヘルスケアの的確な判断ができるよう、様々な環境整備が必要になりますが、最も大切なことは「自分の健康は自分で守る」という自立心が必要だということです。

サプリメントはこれからの時代に必要なもの!

サプリメントはそもそも必要かというと、必要のない環境さえあれば不要といってもいいです。
先ほども書いたようにサプリメントはあくまで、足りない栄養素を補うものです。

健康の基本は食事です。
サプリメントを食事の代用とするべきではありませんし、ファーストフードを食べた後の不足した栄養をサプリメントで帳消しにすることもできません。
病気の改善に課題な期待をしても結果は得られないかもしれません。

ただ、こうしてサプリメントが市場を拡大し、様々な研究が進められているのには理由があります。
原因は、「食環境」、「社会環境」、「自然環境」の急激な変化です。

現代人の食生活は多くの問題があります。
食のアンバランスや、若年層の朝食の欠食や孤食、男性の肥満傾向や女性の過度の痩せ、食の欧米化による脂質の過剰摂取など食環境な様々な問題が出てきています。

この問題で、必須栄養素、特にビタミンやミネラルの摂取不足です。
ビタミンやミネラルである必須微量栄養素は、細胞の新陳代謝や、エネルギー代謝に関わる補酵素として不可欠で、不足すると体の代謝システムの働きに支障をきたします。

結果、体の基本となる細胞の機能が壊れてしまいます。

また、社会環境も大きく変わり、現代人は多忙になり、食事に費やす時間も少なくなってきています。
ゆっくりと食事を楽しむ時間もなくなり、ファーストフードなどの簡単に食事をすませる方が多くなりました。

しかも、社会のストレスはますます増加しています。
ストレスは多量のビタミンを消費します。耐えられる限度を超えた過度のストレスや継続的なストレスが体に与える影響は計り知れません。
現代のストレスは精神的なものでなく、物理的、科学的なストレス。また、パソコンや携帯が発する電磁波や排気ガス、ダイオキシンなどもストレスとなります。

こうしたストレスは免疫機能を低下させるとともに、活性酸素の過剰発生を招き、それがDNAを傷つけるとがんや老化のリスクが高まります。

さらに近年では化学肥料や農薬、抗生物質や成長促進剤の多様によっ食材の栄養が少なくなってきていると言われています。
できるだけ栄養価の高い食材を選択することが大事ですが、不足を補うサプリメントを上手に活用するのも現代の知恵かもしれません。

サプリメントの効果を出すための条件

サプリメントを効率よく効くようにするためには、多くの条件が関わってきます。
それを大きく分けると3つの要素に分かれます。

製品の品質と内容

成分の有効性がサプリメントの有効性にはなりません。
その製品の有効成分の含有量や吸収率、一緒に加えられた成分との相乗作用に影響します。
また、製造や保存など、品質管理も大切な要素となります。

品質管理としてはアメリカでは世界基準のGMPを義務化していますが、日本はまだ任意です。
また、製造年月日の確認も大切です。

製造後に経過した時間が長くなるほど、効力は失われていきます。
特にビタミン類は8ヶ月を経過すると、その作用が半減すると言われています。

摂取の仕方

同じサプリメントでも、摂取する量やタイミング、他の素材や薬品との飲み合わせなどによって、有効性に差が生じます。

利用者の状態

年齢や体格、体の体質や職業、日々の生活習慣など、その人の状態や環境によっても、効果は変わります。
サプリメントの効果を鵜呑みにせず、自分の体調の変化を見ながら効果をチェックする習慣を身につけましょう。

自分にあったサプリメントを見つけましょう!

サプリメントは偏った栄養を補うものです。
サプリメントだけの食生活なんて絶対にあり得ません。

しっかりとした食事をとり、サプリメントで足らない栄養素を補うという意識で摂取していきましょう。
大きな病気になる前に、自分の体のことは自分で管理し、「予防」することが大切です。

ぜひ、このサイトで自分にあったサプリメントを探してくださいね!

このサイトで紹介している内容に関することを実施し、体調不良を起こしたなどの責任は一切負いません。
※自己責任でお願いします。



【薬剤師さん限定】転職成功でボーナス最大20万円プレゼント中『ファゲット』


更新日:

Copyright© なんかちゃサプリ , 2017 All Rights Reserved.