サプリで日々の生活に足りない栄養素を補給中!

サプリマニア

サプリメント

【ビタミンB12】貧血、認知症、集中力の低下など脳の機能を正常に保つ!

更新日:

ビタミンB12はコバルトを含むため赤く、「赤いビタミン」とも呼ばれています。
他のビタミンと比べると必要量は多くないですが、補酵素として様々な代謝のサポートしています。

中でも赤血球の生成やタンパク質の合成、神経機能の維持において重要な役割を果たしています。

認知症の患者は脳内のビタミンB12の濃度が低いことが知られています。
このことからも脳の機能を正常に保つための重要な働きをしていると考えられます。

乳酸菌革命

ビタミンB12の効果・効能・メリット

ビタミンB12の主な効果としては貧血を防ぎ、神経を正常に保つと言われています。

ビタミンB12は赤血球のヘモグロビン合成を助けます。
この時協力関係にあるのがようさんで、どちらか一つでも不足すると正常あ赤血球が作られなくなってしまいます。

また、タンパク質やDNAの合成をサポートする他、集中力や記憶力を高めて精神を安定させたり、傷ついた末梢神経を修復し、中枢神経機能を維持するとこに関わるなど、ビタミンB12の働きは多岐にわたっています。

ビタミンB12を含む食品

ビタミンB12を多く含む食品は以下となります。

  • あさり
  • シジミ
  • 牛レバー
  • 鳥レバー
  • イワシ
  • 秋刀魚
  • 焼き海苔
  • プロセスチーズ

ビタミンB12を摂取する際の注意点

ビタミンB12は動物性食品に含まれる成分で、レバー類やあさりやカキなどの貝類、サンマやイワシなどの魚介類に多く含まれ、極端な偏食をしない限り不足する心配はありません。

ただし、肉類は食べない厳格なベジタリアンの人は欠乏しやすいのでサプリメントでの補給が必要です。
ビタミンB12が欠乏すると造血作用が低下して悪性貧血を引き起こす他、手のしびれや集中力の低下などの神経系の異常が現れてきます。

また、胃を切除した人や胃粘膜に異常や病変がある人もビタミンB12が不足しがちです。
それは、ビタミンB12は腸で吸収されますが、その前に胃から分泌される内因子と呼ばれる物質と結合する必要があります。

胃を切除した人や胃酸の分泌が少ない人は内因子が不足しがちなので、腸から吸収されにくくなってしまいます。
こうした人たちにはビタミンB12を駐車するなどの対策が取られています。

また、ビタミンB12は過剰に摂取すると体外に排出されるので過剰症の心配はありません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-サプリメント

Copyright© サプリマニア , 2018 All Rights Reserved.