【ビタミンK】出血を止める・健康な骨の形成に効果

ビタミンKは血液凝固をサポートし、腸内細菌によって合成されるビタミンです。

ビタミンKの血液凝固は脂溶性ビタミンで、血液を固める酸素の生成として働きます。
また、カルシウムが骨に沈着するときに必要なタンパク質の合成に関わり、丈夫な骨づくりには欠かせない重要なビタミンです。

ビタミンKには緑黄色野菜に含まれる「K1」と、納豆などの発酵食品に含まれる「K2」があります。
K2は腸内細菌によっても合成されます。


初回780円!雑誌、SNSで話題沸騰中のすごくおいしいフルーツ青汁 GOKURICH


スポンサーリンク

ビタミンKの効果・効能・メリット

ビタミンKは骨の沈着を促し健康で丈夫な骨を作る効果があります。

ビタミンKは骨を作るっプロセスでも重要な役目を担っており、カルシウムが骨に沈着するときに必要なタンパク質を活性化し、骨からカルシウムが流失するのを抑える働きをします。

このような働きによって骨粗しょう症の治療薬としても用いられています。

また、出血しても自然に止まるのは、血液の凝固作用によるものですが、ビタミンKの特徴です。
出血すると血液中に含まれるフィブリノーゲンという物質がフィブリンという固体に変化し、それによって血液は凝固します。

このときにトロンビンという酵素が必要なのですが、ビタミンKはトロンビンの前駆体の生成に不可欠です。

ビタミンKを含む食品

ビタミンKを多く含む食品は以下となります。

  • 玉露茶
  • 抹茶
  • のり、岩のり
  • わかめ
  • 青汁(ケール)
  • 紅茶
  • せん茶
  • パセリ

ビタミンKを摂取する際の注意点

ビタミンKは新生児や抗生物質服用者は不足しがちになります。
ビタミンKは腸内細菌によっても合成されるため、通常の食生活に置いて不足することは稀ですが、抗生物質を長期間服用している人は腸内細菌のバランスが崩れがちなため、不足しやすくなります。このため、意識して補うことが必要です。

また、新生児は腸内細菌が少なく、ビタミンK合成量も少ないため、ビタミンKが不足しがちです。
不足すると

頭蓋内出血や消化管からの出血を起こす「新生児メレナ」を発症することがあります。
特に母乳で育てている母親がビタミンK不足だと赤ちゃんの欠乏症に繋がるので、妊娠後期から継続して十分にビタミンKを摂取することが大切です。

ビタミンKの過剰摂取で過剰症のになる可能性は低いですが、決戦治療薬を服用している人や、抗血液凝固材を服用している人はビタミンKの摂取量が制限されます。
該当する人は専門医の指示に従うことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です