AGA・薄毛・抜け毛対策のためのブログ!潤いのある髪を1ミリでも伸ばすために栄養素を補給中!

育毛発毛生活

AGA

AGAの種類と薄毛の進行度!日本人のAGAは頭頂部がO型に脱毛される!




前回、AGAのメカニズムについて紹介しましたが、AGAには色々な種類があります。

前回の記事はこちらから!

AGAの種類で薄毛の進行度がわかる!「ノーウッド・ハミルトンの分類」

AGAについては「ノーウッド・ハミルトンの分類」というものがあります。
これはアメリカの医師、ハミルトンが作った脱毛パターンを、のちに別の医師であるノーウッドが改訂したものです。

この「ノーウッド・ハミルトンの分類」ではAGAが1〜7のレベルで分類されており、現在も薄毛の進行度の目安とされています。

ノーウッドハミルトンの分類について


参照:アンファーストア

上記はノーウッド・ハミルトンの分類の図となります。
それぞれの状態は以下で説明します。

AGAの分類
Ⅰ型 脱毛が始まっていない状態
Ⅱ型 生え際から進行し始めた状態
Ⅱ型(Vertex型) 生え際からの進行に区ウェアえて、頭頂部がO型に脱毛してきた状態
Ⅲ型 生え際kら徐々に進行が目立ってきた状態
Ⅲ型(Vertex型) Ⅲ型の状態に加え、頭頂部がO型に進行してきた状態
Ⅳ型 生え際から頭頂部にかけて進行した状態
Ⅴ型 生え際から頭頂部にかけて進行し、繋がっている状態
Ⅵ型 全体的にかなり進行している状態
Ⅶ型 Ⅵ型よりさらに進行している状態

このノーウッド・ハミルトンの分類は欧米人を対象にしたものなので、日本人などとアジア人には少しそぐわない部分もあります。
そこで、日本の皮膚科医の高島医師により、ノーウッドハミルトン分類を日本人の脱毛パターンに修正し、「高島分類」というものを作り上げています。

高島分類は以下の通りとなります。

日本人版ノーウッド・ハミルトン「高島分類」でAGAの分類

ということで上図のように欧米人は一般的に頭頂部から脱毛することが多いのに比べて、アジア人は頭頂部はさほど薄毛でなくても頭頂部がO型に脱毛していくことが多いです。

日本人をはじめとするアジア人はⅡ型(Vertex型)が多いのが特徴です。
結構、日本人は前からの薄毛よりも、頭頂部から薄くなる方が多いですよね。

ちなみに私はどちらかというと、前からのM字系に入るかなと。。。

また、女性もAGAはあります。
いくら男性型脱毛症という名称であっても、女性にも男性ホルモンが存在するので、AGAになる可能性はあるんです。

女性のAGA(クリスマスツリー型の脱毛)

女性のAGAは男性の場合とは脱毛の仕方がかなり異なるところが特徴です。
上の図のように女性の場合はひたいが交代することはほとんどありませんが、髪の分け目が薄くなり、それが広がっていき、頭頂部が丸く脱毛することが多いです。

その頭を斜めから見ると、クリスマスツリーのように見えるので、「クリスマスツリー型脱毛」と呼ばれます。
女性で、このような脱毛をする原因は不明なことがほとんどです。

さらに女性のAGAには、クリスマスツリー型脱毛の他に、ハミルトン型の脱毛パターンなども存在します。

女性の育毛については以下の記事も参考にしてください。

まとめ

AGAには脱毛の形による種類が存在します。
有名な分類は「ノーウッド・ハミルトンの分類」ですが、その中でも日本人に合わせた「高島分類」です。

特徴としては頭頂部がO型に脱毛していくパターンがほとんどです。
ぜひ自分の脱毛パターンを把握し、ある程度知識を持ってAGA治療に取り組みましょう!

それでは!



-AGA

Copyright© 育毛発毛生活 , 2019 All Rights Reserved.