AGA・薄毛・抜け毛対策のためのブログ!潤いのある髪を1ミリでも伸ばすために栄養素を補給中!

育毛発毛生活




AGA

【AGA診断】自分の髪や頭皮でAGAの調べ方!

更新日:

自分の髪の毛や頭皮環境はAGAなのか。
最近、抜け毛が多く薄毛っぽくなっているけど、これってAGAではないのかと思う方は結構いると思います。

では、どこからがAGAとなるのかって誰もが疑問に思うことがあります。
今回はAGAの診断について調べてみたので紹介します。

AGAには基準がある!自分の頭髪で簡単にAGA診断


参照:薄毛革命

ということで、上の図のようにAGAには基準があります。
これを実施することで、簡単に自分の薄毛がAGA華道家がわかります。

図に書かれている「角額」箇所は、剃り込み部分となります。
そして、「頭頂線」は頭頂部と耳の穴にかけて伸びる線となります。

この「角額」の先端が「頭頂線」の前方2cmを超えていなければAGAではなく、まだ大丈夫という感じです。
これを超えると、AGAと診断される可能性が高いです。
ちなみに、中にはこの2cmの値が3cmとしている場合もあるようです。

自分自身で判断するのはなかなか難しいところもありますが、気になる方は家族や友達などに診断してもらうのもいいかもしれませんね。

AGAが進行しても最後まで残るのが後頭部の毛髪

AGAが進行し、脱毛箇所が増えていっても、最後まで残るのが後頭部の毛髪です。
日本人のおじさんに多い、てっぺんがハゲてて側頭部と後頭部の毛髪が残っている人は結構多いです。

結果的に後頭部の毛髪は脱毛しない毛であり、AGAにならない毛ということになります。
このブログでも紹介しているように、自毛植毛で使用する自分の毛はこの後頭部の毛を利用することがほとんどです。

自毛植毛についてはこちらの記事を参考にしてください。

まとめ

自分の薄毛が進行しており、AGAなのかを簡単に診断してみたい方はぜひ今回の記事を参考にしてください。
自分のAGAの進行度合いをみてAGAの専門医に相談することも頭に入れておいたほうがいいですね。

AGAは早めの診断、治療をすることで、髪の毛が蘇る可能性が高くなります。

まず、育毛をしている方は、本ブログでも紹介している規則正しい生活と栄養バランスの取れた食事から始めていくようにしましょう!

それでは!



-AGA

Copyright© 育毛発毛生活 , 2019 All Rights Reserved.