AGAは運動や食べ物が大事!シャンプーやヘッドスパでは治らない意味とは!?

このブログではこれまで、AGAのメカニズムや男性ホルモン、分類や診断などを紹介しました。
このことから、多くの方は遺伝子レベルでAGAや薄毛になるのであれば、どんなに薄毛対策をしてみ意味がないのではと思われる方は多いと思います。

結論的に言うとその通りかもしれませんが、薄毛やAGAの進行を止める方法はあります。
しかし、ほとんどの育毛法は医学的には根拠がないと言われています。


AGAはシャンプーやヘッドスパで治ると言う根拠はない!しかし不規則な生活習慣・偏った食生活は薄毛の原因の一つと考えよう

上記でもお話ししたようにAGAは遺伝子レベルの話になってしまうと薄毛なんて防ぐことなんてできないのではないかと言うことですが、確かにその通りです。
AGAは遺伝子レベルで起こることがあり、現代の科学や医学ではまだ解明されていないことが多いとされています。

また、今現在AGAによる薄毛自体を根絶することは不可能とされています。

AGAは現在の育毛・発毛・増毛と呼ばれる治療法は役に立たないものもある

上記のことで、もう一つ頭に入れて欲しいことは、AGAが遺伝子レベルで始まる問題なのであれば、現在の育毛・発毛・増毛などと呼ばれている治療法は役に立たないものもあると言うことです。

例えば、育毛シャンプーやトリートメント。髪に良いとされているヘッドスパやマッサージ、飲めば効くと宣伝されている育毛サプリは医学的には根拠がないと言われています。


髪に良い影響を与え、育毛をすることは生活習慣とバランスの良い食生活!

AGAの本質を知ると上記のような方法では薄毛の悩みを解消できないことがほとんどです。
もちろん、育毛ができたとされるシャンプーやサプリなどはあることは確かですが、医学的な根拠がないのが現状です。

しかし、そのほかにも、薄毛を防ぎ、髪に良い効果があると言われていることは色々とあります。

それはバランスの良い食生活、睡眠をしっかりとる、出来るだけストレスのない生活を送ることです。
これらは大切な生活習慣であり、こうしたことを大事にしていくことで、心身ともに健康で入られますし、髪のためにも良いはずです。

しかし、結局AGAは遺伝的なものであることが多いため、このような生活をしてもAGAが進行していくかたは多いです。
少なくとも、規則正しい生活でAGAの進行を早めることは防ぐことはできるはずです。

薄毛の4つの原因と誘発するダメな生活習慣

2018年11月6日

まとめ

AGAは現代の科学や医療では解明されていないことが多くあり、完全に治療で直すことは不可能とされています。
ただ、規則正しい生活とバランスの取れた食生活は髪にも身体にも良い影響を与えます。

完全にAGAを直すことを目的とせず、若いうちからAGA対策として今回の記事を参考にしてくださいね!

それでは!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

育毛発毛研究家のコバヤシです。 私の家族・親戚の男性はほぼ全てハゲている中で、私はハゲたくなく、これまで多くの育毛法・発毛法を試してきました。 また、育毛剤についてただ使うだけでは髪は生えてこないこと。 育毛サプリを使う際、何がその人に必要なのかを情報発信しています。 育毛に関しての論文や書籍を読み、ただいま40歳前ですが、しっかりと髪の毛がフサフサになっている私のこれまでの育毛発毛知識を薄毛やAGAで悩んでいる方に届けていきます!