AGA・薄毛・抜け毛対策のためのブログ!潤いのある髪を1ミリでも伸ばすために栄養素を補給中!

育毛発毛生活

MabelAmber / Pixabay

育毛剤

AGAで認められたミノキシジルの効果までの期間とかゆみ・フケなどの副作用は!?




AGAや薄毛の悩みがいる方は多くいます。
今は薄毛を改善するべく多くの企業が育毛剤やサプリメントを開発し、薄毛に悩む人のための商品を世に出していますが、唯一、発毛の効果が認められた外用薬があります。

もちろん、AGAの治療薬にも使われているのですが、それが「ミノキシジル」外用薬です。

今回はAGAとミノキシジルの効果や副作用などを紹介します。

AGAで唯一発毛の効果が認められた「ミノキシジル」の効果までの期間とかゆみ・フケなどの副作用について

AGAで唯一効果が認められている「ミノキシジル」ですが、育毛剤のCMなどで、その名前を耳にしたことのある方も多いはずです。

ミノキシジルは医学的に発毛効果が認められていますが、実は「フィナステリド」と同じく、最初からAGAの薬として開発されたものではありません。
元々は高血圧を抑えるための血圧降下剤として使われていました。

フィナステリドの記事はこちらから

ミノキシジルも同じく、毛細血管などを拡張する作用があり、血流の通り道を広げ、血圧を下げる効果があるためです。

それではミノキシジルがなぜ発毛の効果が認められたのでしょうか。

ミノキシジルを使うと多毛の症状が見られることがわかった

このミノキシジルをしようしていると、多毛の症状が見られることが確認されるようになったのがきっかけです。
ミノキシジルの効果により、毛細血管などが広がれば、頭皮の毛根も結構がよくなり、栄養や酸素がしっかりと運ばれることになります。

これにより、毛包や毛母細胞が活性化し、発毛や育毛が促進され、実際に毛が濃くなったり増えたりします。
そこからミノキシジルはAGAの薬としても研究され利用されるようになったわけです。

ミノキシジルの発毛・育毛の効果には2つの作用がある

ミノキシジルには2つの作用があるとされています。

一つ目は、毛周期で、「休止期」の毛包から初期成長期への毛包への移行促進です。
もう一つは、後期成長期の毛包への移行促進とそれに軟毛化した毛髪を太い毛に成長させる効果です。

ただし、これも細く軟らかくなった毛髪を太く強い毛に戻すということで、本数が増えるわけではありません。
使用して実感できる効果としては、うぐげのようだった毛髪が少しずつ太くなっていき、肉眼では見えなかった毛が見えるようになったこと確認されています。

毛周期に関してはこちらの記事を参考にしてください!

ミノキシジルは日本でも認可されている発毛・育毛に効果がある塗り薬

ミノキシジルは塗り薬の成分として日本でも認可されており、1999年に一般用医薬品「リアップ」として商品化されています。
今ではCMなどでおなじみの育毛剤として知られていますよね。

さらに最近ではX5とこれまでのリアップの5倍のミノキシジルを配合した育毛剤として販売されています。
出た当時は、米国のミノキシジルの配合量より少なく、わざわざ米国のミノキシジルを購入している人もいましたね。

ミノキシジルを利用して副作用(かゆみ・フケ)などの症状が出る方は、一旦控えて医師に相談しましょう!

ミノキシジルがいくら発毛・育毛に効果が出ているものだからといっても、人によっては合わない方もいます。
中には頭皮にかゆみや赤みが出たり、フケが増えたりする人もいます。ちなみに私ですが。。。

ひどい人はかぶれたりするので、育毛どころか頭皮トラブルを起こして抜け毛が増える可能性も考えられます。

あまりにも症状が治らない方は、一度使用を控えそれでも症状が落ち着かない方は専門医に相談するようにしましょう。

まとめ

AGAで唯一認められている「ミノキシジル」ですが、その育毛効果は確認されており、育毛剤の中でも一番信用していいものと思ってもいいですよね。
今、育毛をされている方で、ミノキシジルを配合している育毛剤をしようすることは良いとは思いますが、しようする前は頭皮環境を改善することをお勧めします。

頭皮環境がよくないと、せっかくミノキシジルを配合した育毛剤をつけても効果は減ってしまいます。
また、使用してもかゆみやフケが出て治らない方は使用をやめるようにしましょう。

何事も育毛剤を使えば治るわけではありません。
まずは、日々の生活習慣の改善、バランスのとれた食事を意識して自分の体自体の健康をよくすることが育毛の近道となりますよ!

それでは!



-育毛剤

Copyright© 育毛発毛生活 , 2019 All Rights Reserved.