AGA・薄毛・抜け毛対策のためのブログ!潤いのある髪を1ミリでも伸ばすために栄養素を補給中!

育毛発毛生活

Pexels / Pixabay

育毛・発毛

歯の噛み合わせと髪の毛の関係は育毛効果がある!改善することで毛が生える!

投稿日:

薄毛や抜け毛の原因は一つだけではありません。
それぞれの原因があります。

その中でも、歯の噛み合わせが原因で薄毛や抜け毛が進行してしまうケースもあります。

今回は、歯の噛み合わせと薄毛・抜け毛の関係と、噛み合わせによる頭皮トラブルを改善するリラックス法を紹介します。

歯と髪の育毛の関係!噛み合わせを改善するだけで髪の毛が生える可能性がある!

歯の噛み合わせを直すことで、髪が生えることがあるようです。
まさかとは思いますが、実際に歯医者で薄毛の人が噛み合わせを直したことで、数ヶ月後髪の毛が生え、黒々とした頭になったことが報告されています。

例として、総入れ歯の男性で、下は5本だけ自分の歯が残っていました。
ところが、新しく作った下の入れ歯が合わなかったらしく、しばらくそれを我慢して使っていたが、その後、残っていた下の5本の歯も虫歯でボロボロになり、歯茎が腫れ、海が止まらなくなってしまいました。
それだけではなく、頭部右側の髪の毛がごっそり抜け落ちてしまいました。

髪が抜けたのは、物を噛む時に使う筋肉の部分でした。
入れ歯の不具合が原因でうまく噛むことができなくなったために、その部分の血行が悪くなり、頭皮の細胞の働きまで悪くなってしまい、髪が抜けたと考えられます。

入れ歯をちゃんと作り直し、きちんと噛めるようにしたところ、脱毛部分に白い毛が生え始め、その後、その毛が次第に黒くなり、約8ヶ月で元どおりの髪の毛に戻ったそうです。

ストレスで歯をくいしばることや噛み合わせが悪いことで、薄毛や抜け毛の原因になる

入れ歯や噛み合わせが原因で薄毛になるということもありますが、ストレス社会で生きる私たちは無意識のうちにはでかみしめたり、歯を食いしばっていることが多くなっています。

このことが原因で、頭部や口周りの筋肉を緊張させ、血行を悪くしています。
これが、薄毛や抜け毛を進行させる原因となります。

噛み合わせのトラブルと予防・軽減する「割り箸リラックス」のやり方

上記のように、噛み合わせが悪いことで起こる薄毛や抜け毛の予防としておすすめしたいのが、口の周りや頭や首全体の筋肉や皮膚をリラックスさせる効果のある
「割り箸リラックス」です。

この方法は薄毛や抜け毛の進行を遅らせたり、発毛を促進する効果が期待できます。
副作用は一切ないですし、実際に実践してみると、これが結構気持ちがいいですよ。
やり方は簡単で以下となります。

  1. 割り箸を割って、片方の1本だけにする。
  2. 仰向けに寝て、割り箸を唇に軽く載せる加えるのではなく「のせる」だけ
  3. 口の周りの筋肉が緩んだら、そのリラックスした感覚を全身に広げていく
  4. そのまま、10〜30分間そのまま毎日1回以上続ける

まとめ

たかが歯の噛み合わせと思っていてはいけません。
歯の噛み合わせが悪いと、人間の体にいろんな支障が起こることはわかっています。

肩こりなども原因の一つとも言われていますし、体の上半身、特に頭部から肩にかけて、血行が悪くなる原因となります。
頭皮への血行が悪化することで、薄毛や抜け毛の原因に繋がることは明らかです。

今現在、歯の噛み合わせがよくない、何らかの歯のトラブルを抱えている方は歯医者に行き綺麗に直すことをおすすめします。
また、ストレスで歯を食いしばったり、かみしめたりする方はぜひ、割り箸リラックス法を取り入れてはいかがでしょうか!

それでは!



-育毛・発毛

Copyright© 育毛発毛生活 , 2019 All Rights Reserved.