AGA・薄毛・抜け毛対策のためのブログ!潤いのある髪を1ミリでも伸ばすために栄養素を補給中!

育毛発毛生活

RyanMcGuire / Pixabay



育毛

髪の毛が細いペタンとしている人へのボリュームアップ方法はラップドライ

投稿日:

薄毛や抜け毛以外に、自分の髪の毛が細く、見た目がペタンとしていてるところが悩みの方は結構いるものです。
髪の毛が寝ていると、ボリューム感がなく、髪が少なく見えてしまいま

このような悩みがある方に、今回は髪の毛が細い人のためにボリューム感がアップする方法を紹介します。



髪の毛が細かったり、ペタンとしている人におすすめのボリュームアップ方法

クセ毛の方は、ドライヤーの使い方を工夫するだけで、髪の毛のボリュームアップができます。
やり方は簡単、ドライヤーとブラシを使って、ブラシで髪の毛を反対側に持ち上げながら乾かしていくだけです。

すると、ブローをしなくても、ブローをしたようにツヤツヤに仕上がります。

最後にドライヤーの冷風モードで髪のキューティクルを引き締めれば、髪がその状態を記憶しsて持続します。
これを、ヴィダルサスーン発祥のイギリスではラップドライと呼んでいます。

これは、ボブスタイルの人が毛先までブラシを通しながらラップドライすると、自然と内巻きの仕上がりになります。

ラップドライをするときは頭皮の保湿ケアが大事

ラップドライをする際は、必ず頭皮を保湿化粧水ケアするようにしましょう。
保湿化粧水などでケアするならドライヤーを使っても髪が痛まないので大丈夫です。

ちなみにラップドライをするときも、普段のスタイリング時もブラシは「クッションブラシ」をお勧めします。

ブラシの中に空気が入っており、それがクッションとなって髪の毛が引っ張られる力を抑えてくれるので、痛みにくいという特徴があります。

髪が細くペタンとしている人でもボリュームアップする「ラップドライ」の方法

それでは、ラップドライの方法ですが、以下で簡単にまとめているので参考にしてください。

基本は、ブラシとドライヤーを一緒に動かして乾かします。
ポイントは以下のことを頭に入れましょう。

  1. いろんな方向から同様にする
  2. 乾かすときは温風にする
  3. 最後は冷風にする
  4. 保湿化粧水で頭皮のケアを必ずする

ブラシを使って髪の毛の根元を起こしながら乾かすと髪全体がボリュームアップ!

髪を増やす以外の方法として、上記で述べたラップドライでも髪の毛はボリュームアップします。

ラップドライによって、髪の根元を立ち上げる効果があるからです。
髪の毛はシャンプーしてタオルドライしただけだと、全体的にまだ多くの水分を含んでおり、その重みで髪の毛は根元から倒れてしまいます。

そうすると、髪がペタンと頭皮に倒れたまま乾燥するのでその状態のままになってしまいます。

これを防ぐには、ブラシで髪の毛の根元を起こしながら乾かすことで、髪の毛の根元が横に寝ないで上に立った状態で乾燥されます。
これにより、髪全体がボリュームアップして見えます。

髪の毛の根元を立ち上げるように髪を乾かせば、分け目も目立たなくなります。

まとめ

髪の毛にボリューム感がない、髪が細くて悩みのタネという方は、ぜひ今回のラップドライを実践してみてはいかがでしょうか。
ラップドライは簡単で、すぐにボリューム感が出るので今回の記事を参考にしてみてくださいね。

それでは!



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-育毛

Copyright© 育毛発毛生活 , 2019 All Rights Reserved.