カロリーが高い食べ物は薄毛や抜け毛に影響!髪に悪影響を与える原因とは!?

最近、日本人の薄毛が増えていると言うデータがあります。
大きな原因の一つとして、「食生活」が挙げられていますが、近年日本食が減り、欧米食が増えてきているのも事実です。

さらにカロリーの高い食べ物、油の多い食べ物や砂糖ばかり入っている食べ物まで。
このような食生活が続くことにより、結果的に髪の毛までに影響があり、薄毛や抜け毛を招いてしまいます。

今回はカロリーが高い食べ物が髪の毛に与える影響について紹介します。

カロリーが高い食べ物が髪の毛に及ぼす影響

高カロリーの食べ物を常日頃から毎日摂取しているような生活をしていると、糖質や脂質の割合が高まります。
これらは、人間の体の中性脂肪を高めてしまいます。

この中性脂肪が高くなると善玉コレステロールの量が減少してしまい、血液がドロドロになってしまいます。
血液がドロドロになると、血液をつまらせて動脈硬化が進行していき、最終的には毛細きっかんの流れも悪くなり、頭皮環境でも血流が悪くなります。

こうなってしまうと健康な髪の毛を育てるのが困難になってしまいます。

善玉コレステロールが減ると血液がドロドロになり血行が悪くなり薄毛や抜け毛の原因となってしまう

上記のように、善玉コレステロールが減少することで、血液がドロドロの状態になり、スムーズに血管を通ってくれません。
そのため、頭皮環境では毛細血管にうまく血液が流れず、髪の毛に必要な栄養分が行き渡りにくくなります。これにより、毛乳頭も小さくなり、健康でしっかりとした髪の毛が生えにくくなります。

カロリーの高い食べ物ばかりを食べ続けていると、血管の流れが悪くなり、結果的に健康的な髪の毛が生えなくなってしまうと頭に入れておきましょう。

高カロリーの食べ物を食べる時は野菜も一緒に摂取する

とは言うものの、普段の食事で高カロリーの物を全く食べないと言うのは難しいと思います。
そんな時は、食物繊維を豊富に含んだ野菜を事前に食べるようにしましょう。いわゆる「野菜ファースト」ってやつですね。

食物繊維には豊富なビタミンが含まれており、中には脂溶性ビタミンも存在します。
具体的には以下のビタミンとなります。

  • ビタミンA
  • ビタミンD
  • ビタミンE
  • ビタミンK

このような食事を意識して摂取するだけで、血管が収縮したり、ドロドロになるリスクを軽減することが可能です。
結果的には髪の毛に悪影響をもたらす可能性も低くなります。

薄毛・抜け毛のための育毛【ビタミンA(β-カロテン)】の効果・効能!

2017年3月27日

カロリーが高い食べ物を摂取するときの注意点

カロリーが高い食べ物を食べ続けると、薄毛が抜け毛の原因の一つとなることは理解できたと思います。
しかし、カロリーが高い物を食べるときに食べる順番を意識することで悪影響をもたらす可能性を低くすることができます。

上記でも紹介したように、まずは「野菜ファースト」が大事です。
順番は野菜、ご飯(タンパク質)の順番がベストです。

高カロリーの物はインスリンの分泌が多くなります。それに伴い血糖値も上昇します。
しかし、食物繊維には血糖値を緩やかにする作用があります。また、水溶性食物繊維は水に溶ける性質があるタ、え血液中に含まれた中性脂肪を取り除くのに最適です。

水溶性食物繊維には以下の野菜に豊富に含まれています。

  • ゴボウ
  • ニンジン
  • ブロッコリー

また、野菜以外でも海藻類のひじきや昆布などにも含まれるため積極的に事前に食べるようにしましょう。
これだけで、正常な血液循環を生み、健康的な髪の成長につなげてくれます。

【食物繊維】で育毛に効果のある「IGF-1」を分泌し薄毛・抜け毛対策!

2018年7月26日

まずは、「間食」をやめてみよう!

カロリーの高い食べ物を食べているだけではなく、食事の間で間食をしている方はいませんか?
しかも、お菓子をポリポリ毎日のように食べている方。

これって結構やばいです。
お菓子類は実は結構カロリーが高く毎日のようにスナック菓子を食べている方は中性脂肪も上がりやすくなります。

実際に私も深夜の間食が多く、健康診断で「Hランク」を叩き出したほど。Aが一番良くて、Hですよ。確か最低だったと思います。。。
中性脂肪が高くなり、肝脂肪がつき、尿酸値も上がってしまい、要再検査となったほどです。

これをきっかけに、間食をやめるようにしていますが、それだけでも、体調が違いますし、まず痩せます。
髪の毛の育毛はまずは体が健康になることが重要ですので、高カロリーの食べ物だけでなく、お菓子などの「間食」をやめるだけでも善玉コレステロールの減少を抑え、逆に増やす方に行ってくれるので、油の多いスナック菓子の間食はやめるようにしましょうね!

まとめ

高カロリーの食事を毎日することは善玉コレステロールを減少させ、血液をドロドロにします。
もちろん、間食もダメです。

ドロドロになった血液は頭皮環境において毛細血管の血流を滞らせ、髪の毛の成長を遮ってしまいます。
対策として、高カロリーの食事の際は事前い野菜を食べること、そして3食の食事の間の間食を控え、週に1回くらいに抑えるようにしましょう。

ルールを守るだけで、育毛もできることがあることを常に頭に入れておきましょうね!

それでは!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

育毛発毛研究家のコバヤシです。 私の家族・親戚の男性はほぼ全てハゲている中で、私はハゲたくなく、これまで多くの育毛法・発毛法を試してきました。 また、育毛剤についてただ使うだけでは髪は生えてこないこと。 育毛サプリを使う際、何がその人に必要なのかを情報発信しています。 育毛に関しての論文や書籍を読み、ただいま40歳前ですが、しっかりと髪の毛がフサフサになっている私のこれまでの育毛発毛知識を薄毛やAGAで悩んでいる方に届けていきます!