「呼吸」が浅いことは薄毛の原因!意外と知らない薄毛との関係について

薄毛や抜け毛に悩んでいる方で、育毛をしてもなかなか改善しない方がいます。
せっかく育毛をして、食生活や生活習慣を改善してもなかなか薄毛が改善しないと思っている方は、実は「呼吸」が原因で薄毛を引き起こしている可能性があるかもしれません。

今回は呼吸と薄毛の関係について紹介します。

「呼吸」が浅くなるとストレスがたまり血流が悪くなり薄毛の原因になる可能性も

薄毛の原因として、実は呼吸が関連していることもあります。
呼吸が浅くなる故地により、人間の体は酸素が十分に取り込まれない状態となり、結果薄毛の原因となるようです。

大きな原因として、呼吸が浅いと、自律神経が乱れやすくなり、ストレスがたまります。
そして、そのストレスは体内の血管を収集駆使、頭皮環境にある毛細血管が縮み、髪の毛が成長するために必要な栄養分が十分に行き届かなくなります。

血管が収集区するということは血流も悪くなり、結果新陳代謝が悪くなります。
これにより、古い細胞が頭皮に残り、細胞分裂で新しい細胞が生まれなくなってしまいます。

呼吸が浅い当ことは、地震が意識しなくてもストレスがたまりやすく、血流を悪くし、頭皮環境の悪化を向上させ薄毛を進行させてしまいます。

呼吸が浅いのかをチェックする方法

上記のように呼吸が浅いと、酸素を十分に吸い込むことができないため、血液ないの酸素濃度が薄まり、血流も悪化します。
これが薄毛の原因に繋がるわけですが、この呼吸が浅いかどうかのチェックの確認の仕方を紹介します。

一番わかりやすい方法は、思いっきり息を吸い込み、その後20秒以上ゆっくりの履いていきます。
これが20秒に満たなければ、呼吸が浅いとされています。

それでは、呼吸が浅い人はどのように改善をすれば良いのでしょうか。

呼吸が浅い人の改善方法

上記のように呼吸が浅い人は薄毛になる可能性があります。
呼吸が浅い人には以下のような改善方法があるので実践してみては如何でしょうか?

肺の中の吸気を出し切る

呼吸が浅い人は、息を剃っていますが、その空気を全て出し切っていないことで、新しい空気が取り込めないということがあるようです。
そこで、息を吸うことを強くいきしする前に、息をゆっくりと最後まで吐き切るようにします。

正しい姿勢で腹式呼吸をする

もう一つの方法は正しい姿勢で「腹式呼吸」をすることです。
こちらは、姿勢の悪い方は大変かもしれませんが、慣れてくると楽にできるようになります。

まずは姿勢を正し、息を鼻から全て出し切り、そして次に鼻から息を吸い込み、息を止めます。
その後は、ゆっくりと鼻から全ての息を吐き出します。

この時、背中が丸まっていると、横隔膜に負担がかかり、十分に吸気を吸い込めません。
正しい姿勢で実施することが大切です。

まとめ

実際のデータでは薄毛の人は口呼吸を行っている人が多いという事実もあるようです。
薄毛の方は意識して腹式呼吸を行い薄毛予防をしましょう。

呼吸が浅いかたは、今回の記事を参考にできる限り、「呼吸」を意識して、正しい姿勢で鼻呼吸をするクセをつけるようにしましょう。

それでは!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

育毛発毛研究家のコバヤシです。 私の家族・親戚の男性はほぼ全てハゲている中で、私はハゲたくなく、これまで多くの育毛法・発毛法を試してきました。 また、育毛剤についてただ使うだけでは髪は生えてこないこと。 育毛サプリを使う際、何がその人に必要なのかを情報発信しています。 育毛に関しての論文や書籍を読み、ただいま40歳前ですが、しっかりと髪の毛がフサフサになっている私のこれまでの育毛発毛知識を薄毛やAGAで悩んでいる方に届けていきます!