【オルニチン】肝機能を改善する効果がある多機能アミノ酸

オルニチンは肝臓全体の機能を保つ成分です。
オルニチンはタンパク質を構成しない遊離アミノ酸で、単独のアミノ酸分子のままで血液中を巡っています。

摂取すると腸で吸収されて、肝臓や腎臓、筋肉などで様々な働きをします。
特に肝臓での尿素成分を行う尿素サイクルにおいてアンモニアと結合する昼間帯として重要です。

尿素サイクルでアンモニアは無毒な尿素に変換されます。
尿素を産生した後、オルニチンは肝臓で再生されます。

オルニチンは、肝機能を保つ重要な成分です。

肝臓は、アルコールの解毒機能があります。
しじみ汁が二日酔いに効くと言われるのは、シジミのオルニチンが肝臓に効果があるからです。


初回780円!雑誌、SNSで話題沸騰中のすごくおいしいフルーツ青汁 GOKURICH


スポンサーリンク

オルニチンの効果・効能・メリット

オルニチンは肝機能改善に効果があります。

オルニチンは、成長ホルモンの分泌を促すと言われており、筋肉の合成を高める間接的な働きをしています。

アメリカではアスリートの使用実績があります。
またやけどや怪我の治療、手術後の筋肉タンパク質の合成に有用とされています。

成長ホルモンは脂肪の分解にも関与するため、肥満が気になる中・高年期のダイエットにも利用されています。
健康的な成人男性を対象とした比較試験で、ウエイトトレーニングとして併用して摂取したところ、体重が現象し、体脂肪率が低下したという実績もあります。

オルニチンは、肝臓でアンモニアを解毒する働きもします。
人体にとって有害なアンモニアは、脳に入ると脳障害を引き起こすため、水に溶けやすい尿素に変え、無毒化してから体外に排泄します。
お酒の飲みすぎの時に肝機能をサポートする働きを持ちます。

また、オルニチンにより顔や体のシミが改善されたとの報告もあります。
さらに、高齢者を対象とした比較試験でも、オルニチンを2ヶ月間摂取した後、体重増加などの栄養状態改善と食欲指数QOLの改善が見られたという研究結果もあります。

オルニチンを含む食品

オルニチンを多く含む食品は以下となります。

  • シジミ
  • ヒラメ
  • キハダマグロ
  • チーズ
  • エノキダケ

オルニチンを摂取する際の注意点

オルニチンは食物からの摂取だけだと不足してしまいます。
オルニチンは全ての生物に含まれている物質ですが、、含有量が少なく、食物からの摂取だけでは不十分なので、サプリメントを利用するのがおすすめです。

しかし、10g以上摂取した場合に、胃腸の不調が起こる場合があるので摂取量は注意しておきましょう。

肝臓の悩みを解決するならレバリズムがおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です