AGA・薄毛・抜け毛対策のためのブログ!潤いのある髪を1ミリでも伸ばすために栄養素を補給中!

育毛発毛生活

Pexels / Pixabay

植毛

自毛植毛のメリットと専門クリニックの選び方

投稿日:

自毛植毛は自分の髪の毛と皮膚を移植する植毛法で、薄毛の悩みを解消してくれ、薄毛の改善が期待できるものとして知れ渡るようになりました。

また、人工植毛と違って危険性がないのが大きなメリットです。
それでは、日本において、自毛植毛をする場合、どのような自毛植毛クリニックを選べばいいのか分からない方が多いと思います。

今回は自毛植毛クリニックの選び方について紹介します。

自毛植毛クリニックの選び方6選とメリットについて

ここ数年で日本でも自毛植毛を行うクリニックが増えてきています。
しかし、自毛植毛をする上で、設備と技術のレベルは大きく異なります。

古い植毛法を採用していたり、最新の植毛法でも技術が伴っていなかったりする場合も少なくありません。
その結果、思ったような成果が得られず、トラブルになるケースもあります。

安全で高丘の高い自毛植毛を受けるために信頼できるクリニックを見極めるポイントを以下で紹介します。

自毛植毛クリニックで行う「株分けの技術」

採取した自分のドナー株が移植した部分で、その髪がいき続けるかどうかは、虚血時間、血が通っていない時間の短さで決まります。
ドナーの株分けは繊細で高度な手作業の技術が必要で、それを短時間で正確に行える技術が求められます。

日本では優れた技術を持ったクリニックでは株分けを30分で行いますが、欧米では3〜4時間もかかる場合が多いです。
自毛植毛をする場合は植毛するクリニックの技術が優れているところを探しましょう。

また、機械式植毛法はドナー毛根の切断率が高く、発毛率が低くなるので避けるようにしましょう。

自毛植毛クリニックで行う「植え付けのスピード」

サイズに異なるドナー株を組み合わせて、自然で密度の高い仕上がりになるように植え付けるのも高度な手作業の技術が必要になってきます。
この「植え付け」が短時間で終わるほど、ドナー株の定着率が高まるためスピードがとても重要になります。

優れたクリニックでは2時間で行なっています。
欧米では4〜5時間が標準とされています。

また、機械式植毛法は植え付けの際の株のダメージが大きいので避けましょう。

自毛植毛クリニックで行う「縫合技術」

ドナー採取部は頭皮を縫い合わせるため、その箇所に傷跡が残ります。
しかし、綺麗に縫い合わせれば傷はほとんど目立ちません。

クリニックで自毛植毛の縫合部位の写真(実績)を見せてもらいどの程度の傷跡が目立つかをチェックしましょう。

自毛植毛クリニックで行う「カウンセリング」

薄毛やハゲは心の悩みと直結する問題であり、そうした落ち込んだ心の悩みを理解し、納得するまで何度でもカウンセリングをしてくれるクリニックは、誠意を持って治療してくれます。

逆に、医師がカウンセリングを行わず、質問にも曖昧にしか答えない場合は、注意が必要です。
適当な手術をされてあとで後悔するのは自分ですよ。

必ず、しっかりカウンセリングを行なっってくれるクリニックを選びましょう。

自毛植毛クリニックで行う「アフターケア」

自毛植毛は、植毛の効果が得られるまでに時間がかかるので、不安になる人も多いです。
植毛後も気軽にカウンセリングに応じてくれるクリニックを選ぶようにしましょう。
その際、気をつけたほうがいいのが追加料金です。当初支払う料金以外に、カウンセリング料やアフターケアの料金が加算されませんが、事前確認が必要です。

また、費用全額を最初に提示し、これ以上は一切料金がかからないと説明してくれるクリニックを選ぶようにしましょう。

自毛植毛クリニックで行う「モニター症例」

モニター症例の結果が多数実例写真で後悔されているクリニックは、植毛をされる方の満足度が高い証拠です。
また、その自毛植毛クリニックの技術に自身があると判断しても良いです。

逆に、口では良いことを言っておきながら、実例写真を見せてくれないクリニックは要注意です。
術後に傷跡が目立ったりトラブルが起きる可能性もあります。

まとめ

自毛植毛クリニックは日本ですることが、かなりのメリットとなります。
やはり、手術時間が早く、技術的にも優れている日本で自毛植毛をすることは薄毛に悩む方にとって嬉しいはずですよね。

薄毛で悩まれている方で、自毛植毛を考えている方は、ぜひ今回の記事を参考にしてくださいね!

前回の記事はこちらから!

それでは!



-植毛

Copyright© 育毛発毛生活 , 2019 All Rights Reserved.