育毛に失敗するやってはいけない4つの勘違い

今、育毛に取り組んでいる方は、ネットで効果があると言われている育毛剤をつければ問題ないと思ってはいませんか?
また、髪の毛は畑のように肥料を巻いて土地が肥えていたら作物が育つのと同じようになると思ってはいませんか?

髪の毛は外から栄養を与えるとなんとかなるのではないかと思うことはそもそも間違いです。
いくら効果がある育毛剤だからと言って使えばなんとかなると言うのは古い考え方だと思います。

育毛剤は全く効果がないとは言いません。
このブログではなんども言っていますが、育毛剤を使う前にまずは健康な体を作ることが前提となります。

今回は、育毛に関して、私たちの間違ったことを調べましたので参考にしてください。

育毛の大きな4つの勘違い

体内に取り入れたものは血液に取り込まれて体の隅々までに言い渡ります。
そして、毛細血管から髪の毛を作る組織(毛母細胞)に取り込まれ、細胞分裂を繰り返して髪の毛は延びていきます。

このように髪の毛は自分の体内から生まれたものであり、自分自身となります。
自分が食べたものが吸収され、その栄養が血液に入り頭皮の毛細血管から髪の毛を作る組織にとりこまれ、細胞分裂を繰り返して髪の毛は成長していきます。

髪の毛は自分の体の外部で成長するわけではありません。
髪の毛は自分自身であり、髪の毛は体内から血液に乗って毛細血管から栄養が細分されて成長すると言うことを頭に入れましょう。

また、以下で4つの育毛に関する間違いを紹介します。

100%絶対大丈夫な製品や方法はない

世の中には、育毛に関して絶対に大丈夫と言うような製品や方法は存在しません。
しかし、100人のうち何割くらいの人に効果がある可能性があると言うことはあります。

よくネットを検索していると、発毛率〇〇%とか〇〇%のハゲに悩んでいる人が満足と謳っていますが、発毛してもちゃんと育つかどうかわからない上に公平な改善率ではないので、本当に自分の薄毛が治ることに役立つかどうかはわからないのが現実です。

確かに中には自分に会うかもしれない製品や方法があるかもしれませんが、注意して欲しいことは、効果を求めるあまり、頭皮と心身が疲れてしまうことです。

育毛は頭皮と心身が疲れずに、壊したり、痛めたりせずに取り組めることが一番大事です。
発毛するとか一時的に増えるように感じるものの中には、ミノキシジル製剤やフィナステリド、成長ホルモン、育毛剤に頼る、温冷法など多くあります。

しかし、本当に大事なことは、頭皮や心身を健康に保ちながら、後々にいろんな育毛法に取り組める可能性が残ることです。

育毛に効果があるといい、その効果で髪の毛が増えると言うのはまちがい

育毛に効果があると言う製品は多くあります。
確かに効果はあるかもしれませんが、裏を返すと「負担」となります。

もともと薄毛や抜け毛の原因となる頭皮は、そもそも、頭皮の状態が悪く、健康ではありません。
効果があるからといって、育毛製品の効果を優先で取り組むと、大抵はその効果に頭皮や心身が負けてしまうので失敗の原因になります。

育毛は、頭皮に負担がかからないように時間をかけてゆっくりと改善していくことが大切です。
同じ結果でもゆっくりと時間をかけて低い効果を積み重ねることと、急激で高い効果とでは頭皮や心身にかける負担は全く違います。

産毛は産毛。これが硬毛に育つわけではない

育毛をしていくと産毛が沢山生えたと言う方がいます。
しかし、産毛止まりで硬毛にはなかなか育たないと言う方は多いと思います。

産毛が生えたと言うことは、血行がよくなっていると言う証拠です。
しかし、産毛は産毛で、硬毛として育つわけではありません。

硬毛として育つ毛は、髪の毛が生えてきたときに大体わかります。
1ミリ伸びたところで太くなります。

ここで頭に入れて欲しいのは、産毛は産毛で目安となりますが、これが硬毛に育つわけではないと言うことです。

また、薄毛が治るときには、生えている毛に元気があるのに、細くて短い、先細りの毛が抜けることがあります。
これは、頭皮に栄養状態が改善されてきたので、伸びていなかった毛穴内部のけが育ち始めた可能性があります。

このような毛は何度か生え変わらないと元に戻りません。
そのために細くて短いままで抜けることがあります。

マスターベーションを我慢しないこと

男性は誰でも思春期の頃から男性ホルモンの働きと分泌が活発になり、生死の生産量が増えていきます。

すると誰でも射精したくなり、マスターベーションで処理するようになります。
これは正常な男性なら誰でも経験していることなので特に問題はありません。

問題があるのは、マスターベーションを我慢することで男性ホルモンの働きや分泌を抑えることができるような「嘘」の情報を流す人がいて、それを信じている人が少なからずいることです。

よく、マスターベーションをすると亜鉛も一緒に出ていき、亜鉛不足になtたり、男性ホルモンがどんどん分泌されるで薄毛や抜け毛の原因になると言いますよね。
なんとなくあっているかも知れませんが、マスターベーションを我慢することは間違っています。

男性ホルモンの働きと分泌が活発になることで生死の生産量が多くなるのであって、マスターベーションを我慢したところで、男性ホルモンの働きと分泌が抑えられることはありません。

まとめ

ネットの広告でよくある育毛の効果などは間違っていることが多いかも知れません。
どれが正解で間違いかは自分ではわからないかも知れません。

しかし、少なくとも今回の記事を参考にしてこれまで常識と思っていたことは、間違ったことがあるので、決して勘違いの育毛をするのはやめましょう。

  • 絶対に大丈夫な育毛製品や育毛法はない
  • 効果があるといわれるものは、頭皮に負担をかける。時間をかけてゆっくりと育毛をすることが大事
  • 産毛が生えたとしても良くなった証拠であり、必ずしも硬毛になることはない
  • 男性はマスターべションは我慢しないこと。男性ホルモンが活発と言うことだけでやめてもハゲを止めることはできない

間違った育毛をせず、長い目でゆっくりと確実に健康な頭皮環境を作り、育毛に取り組むようにしましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

育毛発毛研究家のコバヤシです。 私の家族・親戚の男性はほぼ全てハゲている中で、私はハゲたくなく、これまで多くの育毛法・発毛法を試してきました。 また、育毛剤についてただ使うだけでは髪は生えてこないこと。 育毛サプリを使う際、何がその人に必要なのかを情報発信しています。 育毛に関しての論文や書籍を読み、ただいま40歳前ですが、しっかりと髪の毛がフサフサになっている私のこれまでの育毛発毛知識を薄毛やAGAで悩んでいる方に届けていきます!