シャワー時の抜け毛は50本前後なら大丈夫だが短い髪は要注意!予防方法まとめ




シャワーをするときに、お風呂の排水溝をみると髪の毛が多く抜けているのをみてドン引きした経験ってありますか?

私もこのような経験があり、そのときはかなり焦りましたね。
しかも、指にも結構絡んでいいるとドキドキしますよねw

今回はシャワー時の抜け毛の予防法についてまとめてみたので以下で紹介します。

シャワー時の抜け毛を防ぐ方法まとめ

シャワー時の抜け毛は誰もが気になると思います。
こんなときは誰もが嫌な気持ちになりますし、心配する人は多いはずですね。

そもそも、髪の毛が抜ける原因の一つとしては「ヘアサイクル」があります。
髪の毛は、発毛→成長期→退行期→休止期の順に自然に抜けていきます。

誰にでもわかる髪が生え替わる「ヘアサイクル」4つの時期と抜け毛の原因

2018年5月4日

さらに、ヘアサイクルにはそれぞれ個人差はありますが、日本人の毛髪は約10万本前後とされており、平均的なヘアサイクルから割り出すと、1日で50〜100本程度が自然に抜ける計算となります。

このことから、一日の抜け毛は100ぽん前後の抜け毛は想定内と考えて問題ないです。
さらに、1日の半分以上がシャワーのときに抜けても50本程度であれば普通とされています。

ただし、他の髪の毛に比べて極端に短い毛はないでしょうか?
これは成長期のものが脱毛した可能性があります。このような髪の毛が多いと薄毛や若ハゲの前兆の可能性があります。

成長期の髪の毛の抜け毛を減らす方法

成長期の髪の毛の抜け毛を防ぐには、まずは、未成熟の髪の毛が抜ける原因を知ることが大事です。
若い髪の毛が抜ける最大の原因は、男性の場合では「AGA」と言われています。また、女性では加齢や閉経などをきっかけに抜け毛が増えることがあります。

薄毛の原因:男性ホルモン

抜け毛には、男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)が関係しています。
このジヒドロテストステロンの働きを抑えるための薬は病院で処方してもらったり、通販(主に個人輸入)で購入したりすることが多いです。

薄毛の原因:頭皮の血行不良

抜け毛の原因として、男性ホルモンの次に大きな原因となるのが、血行不良です。
毛乳頭や毛母細胞には、血管を通して、血液により、髪の毛に必要となる栄養が運ばれます。

この血流が滞れば、髪の毛の健康に影響を及ぼします。
この血流の滞りを解消するには、血行促進成分が配合された育毛剤や育毛トニックを使用する他にも、頭皮マッサージ、ツボ押しなどが効果的です。

もちろん、血行がよくなる食材も常日頃から摂取することも有効な手段の一つとなります。

頭皮が硬いと薄毛になりやすい!?頭皮マッサージのコツを掴んで血行を改善し育毛を促す方法

2019年4月17日

薄毛の原因:シャンプー

シャンプーも薄毛の原因の一つとして忘れてはならないものです。
シャンプーで汚れを落とすことができるのは、「界面活性剤」という成分の作用ですが、これが石油系のものだと洗浄力が強すぎ、頭皮環境に必要な皮脂まで根こそぎ除去してしまい、過乾燥を引き起こす原因となってしまいます。

こうなってしまうと、皮脂トラブルにより、抜け毛が増えてしまいます。
そのため、自然由来の優しいシャンプーを選ぶことをお勧めします。

育毛に効果があるおすすめのシャンプーの選び方と成分を知り薄毛・抜け毛予防を!

2018年11月25日

まとめ

シャワーでの抜け毛は1日の抜け毛の合計で100本前後であれば、問題ないです。
ただし、短い髪の毛が抜けていると注意をする必要があります。

抜け毛の原因となるのは色々な原因があります。
例えば、男性ホルモンの影響、血行不良、シャンプーなどによる皮脂の落としすぎによる過乾燥など。

この他にも、ストレスや睡眠不足、食生活の乱れや、紫外線お浴びすぎなど原因は多くあります。
これら全ては、頭皮トラブルや血行不良になる原因となります。

まず、予防法として大事なことは、抜け毛が増えてきたと思った時は、その状況に応じて適切な頭皮や毛髪のケアを心がけるようにしましょう。
そして健康的な日々の生活とバランスのとれた食事を常に心がけることが大切です。

それでは!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

育毛発毛研究家のコバヤシです。 私の家族・親戚の男性はほぼ全てハゲている中で、私はハゲたくなく、これまで多くの育毛法・発毛法を試してきました。 また、育毛剤についてただ使うだけでは髪は生えてこないこと。 育毛サプリを使う際、何がその人に必要なのかを情報発信しています。 育毛に関しての論文や書籍を読み、ただいま40歳前ですが、しっかりと髪の毛がフサフサになっている私のこれまでの育毛発毛知識を薄毛やAGAで悩んでいる方に届けていきます!