日本人女性の薄毛に朗報!脱毛に有効な治療法が明らかに!米国皮膚科医専門誌で論文発表!




日本人の薄毛や脱毛に悩む女性に朗報がきました。

なんと日本全国で発毛専門クリニックを展開する「AGAスキンクリニック」が行なっている日本人女性に対する治療法の論文が、今年、2019年9月3日にアメリカの皮膚科医専門誌の「Journal of Cosmetics,Dermatological Sciences and Applications(JCDSA)」で発表され、その有効な効果が認められました。

論文URLは以下となります。
https://www.scirp.org/Journal/paperinformation.aspx?paperid=94822

アメリカにで認められた日本人女性の脱毛症について

男性型脱毛症としてAGAは多くの人に認知されていますが、このAGAは思春期以降に始まり徐々に進行する脱毛症です。
このAGAに対し、女性の脱毛症は発生じきや脱毛が起こる範囲やパターンが男性とは異なり、女性型脱毛症(FPHL(female pattern hair loss))と呼ばれています。

この女性型脱毛症「FPHL」も年齢とともに進行していき、有効な治療を受けないと進行し続けます。
脱毛症では外見に影響を与え、有効な治療の研究と開発は重要な課題となっています。

今回、日本のAGAスキンクリニックでは女性の脱毛症についての治療を発表しています。

AGAスキンクリニックで女性型脱毛症(FPHL)に有効な治療法を発表

これまで、AGAクリニックでは、日本人女性の脱毛にとってどのような治療法が有効なのか研究を進めてきました。

今回AGAクリニックが発表した論文では、2013年〜2018年の6年間に渡り、日本人女性4,568人のデータを元に発表されました。
行なった治療法は、オリジナルの発毛薬(ミノキシジルを主とした内服薬と外用薬)とDr’メソ(ミノキシジルと成長因子を配合した注射治療)の併用治療となります。

1日1回の内服と1日2回の外用薬の塗布、月1回の注射治療を6〜12ヶ月行なった結果、対象の患者の95%〜96%で脱毛症の改善が確認されています。
今回の研究結果から、オリジナルの発毛役と、Dr’メソの併用治療は女性脱毛症(FPHL)に対して、合併症も最小限に抑えた安全で有効な治療法として確認されています。

まとめ

今回の研究により、脱毛症に悩む日本人女性に光が見えてきたことは喜ばしいことですね。
ぜひ今後も、研究を続けていただき、女性の薄毛や抜け毛の治療技術が上がっていくことを期待しましょう!

それでは!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

育毛発毛研究家のコバヤシです。 私の家族・親戚の男性はほぼ全てハゲている中で、私はハゲたくなく、これまで多くの育毛法・発毛法を試してきました。 また、育毛剤についてただ使うだけでは髪は生えてこないこと。 育毛サプリを使う際、何がその人に必要なのかを情報発信しています。 育毛に関しての論文や書籍を読み、ただいま40歳前ですが、しっかりと髪の毛がフサフサになっている私のこれまでの育毛発毛知識を薄毛やAGAで悩んでいる方に届けていきます!