「大気汚染」が薄毛の原因!?髪の毛や頭皮への影響について

薄毛になる原因は環境や食べ物、生活習慣など様々です。

頭皮環境は栄養不足はもちろん外部からの要因による影響でも薄毛や抜け毛になることもあります。
その中でも、今回は環境における薄毛の影響について調べてみました。

大気汚染と髪の毛のトラブルに関する関係

数年前、私がまだ中高生くらいの頃ですが、「酸性雨」で髪の毛が薄毛になるという情報がありました。
雨が降り、頭皮に触れるとハゲるという噂が広まり気をつけていた記憶があります。

後々ですが、この酸性雨で薄毛の原因にはならないということがテレビ番組で検証されていた記憶もあります。
薄毛の直接の原因とはならないようです。

ただし、雨に濡れた髪を乾かさずそのまま放置していると頭皮環境が汚れ、薄毛の原因になりますので注意してくださいね。

ちょっと話がそれましたが、大気汚染における頭皮環境への影響はどうなるのでしょうか。
現在、日本んお大気の状況はかなり悪化していると言われています。この大気汚染の影響は身体だけではなく、髪の毛や頭皮にも影響を与えていると言われています。

ほとんどの人は大気汚染の対策として、PM2.5の数値が高い場合にマスクをしている方もいます。
マスクは外気から肺への汚染物質が侵入することを避けますが、髪の毛や頭皮についた待機汚染物質は対策もされていないので直接の付着してしまいます。

頭皮環境に大気汚染物質が付着すると毛穴付近に炎症を起こす可能性も

髪の毛や頭皮に待機汚染物質が付着すると、頭皮につき、毛穴付近で炎症を起こす可能性があります。
汚染物質をきれいに流せば良いですが、髪も洗わずに不潔なままにしていると悪化することもあります。

特に脂漏性脱毛症の人は、皮脂分が多いので、そのひしに待機汚染物質が付着し、炎症を起こす可能性が高くなり、薄毛や抜け毛が悪化します。
いくら、育毛をしても、薄毛や抜け毛が改善されないという方は、大気汚染の対策もする必要があるかもしれません。

薄毛や抜け毛を防止する「大気汚染」への対策

大気汚染から頭皮環境を守るのに一番の対策は「外出をしない」ことです。
しかし、ほとんどの方はそういうわけにはいきませんよね。

なので、できる限り、外出時は帽子やニットをかぶるようにしましょう。
ロングヘアの方は、毎日とは言いませんが、汚染物質が高い日には、髪の毛をまとめて帽子の中にしまうようにするのも対策の一つです。

これだけで十分大気汚染の対策になります。

また、毎日の洗髪も大事です。
汚染物質は頭皮に付着しているので、頭皮をマッサージするようにシャンプーで洗髪し、しっかり洗い流すことが大切です。

まとめ

大気汚染も薄毛や抜け毛の原因となることがあります。
最近では病院で、自分の髪の毛や頭皮の状態を調べることができますので、気になる方は一度検査してみることをオススメします。

大気汚染でも、人によっては馬鹿にならないこともあります。
しっかりと髪や頭皮を守るように育毛をしていきましょう。

それでは!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

育毛発毛研究家のコバヤシです。 私の家族・親戚の男性はほぼ全てハゲている中で、私はハゲたくなく、これまで多くの育毛法・発毛法を試してきました。 また、育毛剤についてただ使うだけでは髪は生えてこないこと。 育毛サプリを使う際、何がその人に必要なのかを情報発信しています。 育毛に関しての論文や書籍を読み、ただいま40歳前ですが、しっかりと髪の毛がフサフサになっている私のこれまでの育毛発毛知識を薄毛やAGAで悩んでいる方に届けていきます!